読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

【人類進化の実験の場】 マネーゲーム経済から人類進化ゲームへの移行。

東出融ブログ おすすめ記事

おはようございます!

今日の融ちゃんFacebook投稿より、引用。

自我⇒小さな自己⇒大いなる自己⇒グレートスピリットへと人類進化として移行するための重要なメッセージです。

f:id:araebisu808:20161211061209j:plain

今日は山神様に今年の山の実りを祈るお斎藤。

今年は5000名の伏流水のサポーター雛形を何としても実現する事で、新たな自然界も喜ぶ民主体の水道事業が稼働しているアジアの小国を生み出して行かなくては、

トランプ移行の世界の流れである、大国の自国一国主義に対応できる日本を現実化出来なくなるからです。

即ち属国。


かといって、太平洋戦争で目論見が外れた派遣国家を目指す日本の在り方=グローバリズムは、既に大国でも旧態依然の思考の産物。


民がこの水道事業でイニシアテイブをとることができたなら、市場にのせないで他国にフルボサン鉄入りenergy水を贈与して、

そこからの人の心での繋がりを優先した

小さいながらも、新たな、マネー優先ではない助け合い優先の心のグローバルを現実に表現出来る可能性に繋げて行けるのです。


これは、そのまま素粒子の振る舞いこその、人類の生き方=タオを唯物化出来ることにもなるのです。

(ここまで自己)

 

その様な世界観を素粒子に担って貰うためには、先ずはその様な想像力が重要なキーなのです。


本気でのファシリテーター、すなわち促進させる人になる準備を、民が進化した人類の在り方として現実化させていく事に、経済を使って学び創造を発展させてく人類進化ゲームになっていくのです。


マネーゲーム経済から人類進化ゲームへの移行が、今まで人類が作り出した全てに適用されていく時代の到来です。


ファシリテーターにはファシリテーション技術以前に、

参加者=地球のすべて の、全ての命が溢れる組織=地球 にたいして

良心に基づいた、達成イメージへの情熱(パッション)と信念が必須なのです。


その様な新しい参加者、組織にとってのファシリテーター化する人類の育成には必ず、それを鍛える【場】が必要です。


それが合気道の型でもあり、そこからダンスの素粒子化の先に存在する道を必要としないタオが実現されて行くのです。


その様な【場】の提供がアラエビス全般の活動なのです。

 

植芝盛平翁は、こう言い表しています。

最終的に、技は忘却されなければいけない。
上達すればするほどに、技は使わなくなっていく。
実のところ、偉大な道は道ではない。

(ここまでが大いなる自己)

 

アラエビスの活動が参加する人類や今の世界状況や自然界の振る舞い全てによって

【人類進化の実験の場】として磨かれて、道ではない偉大な道として人類がそれを身に付けて

アラエビスの存在自体が忘却される未来が、アラエビスのゴールなのです。


素粒子化での道具としての組織は、組織永続優先のグローバリズムからは生まれて来ないことを、トランプ勝利に観ることできます。

組織は消えても、素粒子化された道具としてのグローバルファシリテーターとしての、センシェントな意識体は空間にこれからもずっと存在し続けるのです。

 

此れがgreatspiritなのです。

大いなる精神というenergyこそが、地球を宇宙の一員として稼働させて行くのです。

ネイテイブインデイアンやアボイジーニが残したgreatspiritを、次の人類が更に継承し

更に大いなるspiritという波動で地球を包む必要性を宇宙から今求められているのです。

そこに接続出来るのは、大いなる自己のみなのです。 


以下コメントより
大いなる自己の集合体として更なるgreatspiritを育て、地球から愛を発信するための一票が伏流水サポーターになることです。
お申し込みはコチラから。

www.araebisu.net

 

いかがでしょうか。

 

自我の情けなさに気付くために存在するのが、大脳。

センシェントな自覚、すなわち日常の微細なサインを進化に繋げる。

悩みも苦しみも、全てはメッセージでありチャンスでしかない。

 

タオは見えたから進めたのではなく、進んだ結果見えること。

タオは追及した言った結果、なくなる。

それはのっからず、依存せず、自分のツールで戦った結果。

素粒子が自我のまま唯物化する前に、手を打とう。

 

人類進化ゲームの面白さを日々感じながら、それをあなたと共に遊んでゆけることが、大きな喜びです。

 

あらえびすスタッフ まこっちゃん