読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

イスラム国が斬新な国家作りをしだしたとの報道世界は急速に自立へ目覚めだしたアホン人から脱皮しよう

無分別知の生き方を実践しよう

全体思考、右脳から左脳への、架け橋作り。

アメリカがつぶれて脱皮するとき、移民によるハーフの時代が意味をなす。

ヒップホップやプレイクダンス。

揺らぎの間を指している。

イタリア系移民アメリカ人、朝鮮系移民アメリカ人、イスラム系移民アメリカ人etc。

様々な身体に染み付いた文化が融合せざるおえない時に、文化の集団が作動する。


もう本当に時間がなくて、早さが必要になる。

ギリギリのバランスにドンドン間を見つける動き。

形を残す事一度やめて、違う何かを残せるか見直す。

先に横で繋がらない。

仲良しクラブでツルマナイ。

個が、俺が、一番融合しづらいモノが融合される為には、先ず縦で一致ラインを見つけなくては。

串刺し。

だから字も縦書きがよい。

縦書きで右から左へ。

右脳かるの架け橋を作るから。

五感の判断を捨てないとハートは、手に入らない。

心臓の感知力を高める。

心臓は、ただのポンプではない。

心臓は、感情の安定不安定と、心臓と神経、脳を繋ぐ交信の調和不調和の根本である。

心臓、精神、感情の正三角形が、今崩れている。

左脳が司る精神マインドが強すぎ、感情を不安定にさせる。

鍵は心臓!!

深山にカンジキで入る。

登山道のない急な端山を登る。

体の部分にマインドが介入しなくなるまで。

その時に脳より優秀な知能が心臓から溢れてくる。

まさにハートチャクラであるハートから、愛が溢れ出す。

デービィッド アイクの言葉を借りるならば、脳は考えるが心臓即ちハートは知っている。

本当に時間がないから、考えている暇はない。

神領域のマインドを使いじっくり考える必要はない。

ハートは、直観に繋がる大事なヒラメキの気管。

ハートは全てを知っている事に、早く沢山出逢うならば、事の善悪や条件、言い訳を考える必要はない。

ハートは、マインドの60倍の電気エネルギーを発生させ振動させて、ハートチャクラの螺旋を使い状況を瞬時に見定め、高いレベルの認識に繋げる。

そして社会を変えるには、現在のマインドゲームの社会を捨て去り、即ち五感で支配されている社会に騙されないで、ハートの社会を始めなくてはならない。

即ち直観でドンドン動く人と、ドンドン繋がりハートの社会を実践する。

もう繋がる会を開く目的では、間に合わない所に来た。

この危機を緊急に越える為には思考を捨て去り、愛と尊敬と平和と調和がベースの心臓知能直観力を鍛え上げ、リスクに耐えれるタフさを心臓によって蘇らせ、信じられないレベルの知能が生み出す創造性や洞察力を日々鍛え、急速に上がって開かれていく知能が創る体力と身体センスに出逢う必要がある。

九月にメインをアジア共同体を創る人生に自ら変換して、先ずは新潟からサポーターさんがイバラの野道に入って来ます。

ここまでイバラの原野にどうにか道をつけて来た我々三名は、現地一名や周りの賛助者の力を借りて、本当に直観だけで生き始めて日々の知性の進化には驚く事が沢山あります。

此れからの未体験の災難を越えて、元の社会に戻すのではなく、災難の先に全く新しい社会を創りあげていくこの創造は並大抵のタフさでは、志ては必ず逃げ出す。

災難も大変だか、それを期に更に家畜化を強化させる。

この動きに隙間を見つけて、全く新しい社会を世に出す。

だから、今いよいよこのoh!!里信用資本プロジェクトに関わる為に、引っ越して来る方は既に並大抵ではないスタートにいる。

だから、例えば浄水器ビジネスやらネットワークビジネスやら、スピリチュアル団体ビジネスや補助金目当ての世直しに関わるほど、動けない輩達が発生しだしている。

将棋で言えばいつまでも詰める決断が下せない。

リスクを背負えない。

それはそのままマインドの精神、即ち左脳に支配されている。

支配者の思うツボである。

今さら抜ける必要はない。

けれども、左脳から橋をかけれないのだから、団体に関わりながらも個では矛盾する、ハートに従う自分を同時に生きれば良い。

どっちにしても時間の問題で、今の市場は消えるのだから。

しがみつくのではなく、クールに次を準備すれば良いだけ。

但し時間はない。

体だって、左脳と心臓は別機関で融合されてそこにある。

ハラハラドキドキに左脳は関われない。

だから心臓がタフでないと。

沢山ハラハラドキドキと愛溢れる映像に出逢う必要がある。

冒険や災難のハラハラドキドキは、恋愛のハラハラドキドキと同じ。

即ち直観を信じて生きさせようとしている。

後余命半年と言われて、アナタは左脳の日常に埋没しますか?

ならば、ソロソロ色んな理由言い訳捨て去り、直観で生きるを始めないと、明日はない。

途中で何回も問題に遭遇するが、心臓から来る直観に従えば、間違いはない。

その度にタフになる自分を実感できる。

だから自分を信じれる。


動けない事に理由を探したら、既に直観ではない。

そして自分の中の常識、即ち左脳学習常識を捨て去れ。

捨て去らないと道は不思議に見えない。

何でも手作りで創るを目指す。

車ならば、いじれる旧い車が間違いなくしばらく頼りになる。

いじれないコンピューター制御のエンジンは、アレンジ出来ない。

トラクターならば旧いの一台用意したいね。

燃料は、徹底的に余って要りもの、そばに捨て去れているものに目を開く。

子供じみた発想は大歓迎。

それを始めから無理と言うのが、左脳の家畜化だから。

左脳使いの金太郎飴製造機の今の社会。

科学も医療も政治等の制度や組織の管理と指揮という牢獄は、自らの左脳が自らを支配している。

世直しは組織や制度では出来ない。

左脳は解読が出来ない。

だから右脳の良いとこどりの宗教も左脳支配ででかくなれる。

だからハートを心臓を急速に知性的に鍛え上げ、右脳から左脳を使う道を創る。

しかし、体をマインドの内部から使うのではない。

例えば太陽は周りが燃えているが、中はクールだ。

充分生きれるだろうし、生命体がいるとも言われている。

これを体に置き換えて感じると、マインドはクールで外には熱くまんべんなく愛を放出している。

皆既日蝕は、昔怖がられていたが、月が家畜化の為に停まれたり後退出来る乗り物ならば、皆既日蝕が長い間太陽を隠して操作させた時期もあったのかも知れない。

だから、体は内部から使う時代は終わった。

ハートに繋がる意識は、体を通過して出るほど、ノンビリしていない。

体を太陽化させる!!

此れが今の僕が僕自身に仕向けているエクササイズだ。

手足は出来るが未だ腰周り胸周り頭周りは、難しい。

胸は以外にやり易い。

頭はパーに徹底的に拘れば出来るが、自我の腰は本当にクールになれない、困ったちゃんだ。

腹は実質的にクールにしたら冷えるが、薪ストープにあたる時に、腹の芯から温まる。

だから外部に太陽を配置出来れば、同じ結果が生まれる。

いよいよ太陽神に人はなる。

直観には会議が要らないから、群れないのに