読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

おめでとう

昨日は福島石川町へ行って来ました。

久しぶりの石川町。

あらえびす同様に。岩盤が強く、アイヌ語の【悪戸】とズックの和製語の【泉郷】が隣り合わせになっている類似から、同じ臭いを感じる重要な地であって、と同時に同志の活動をされている泉さんと高原さんが次の時代に向けて、自然資本主義を実際に模索されているお二人であり、泉さんは、コマーシャルの撮影のカメラマンでマスコミ出身が一気に様変わりした同志でもあるのです。

そのお二人が地元のソマチットを活かして、農家を本格的に始め、そこから腰のある小麦を育て、今回うどんがメインの農家カフェが始まった事は、本当に他人事ではない喜びがあり、ピースも含めた総勢14名で来店しました。

僕らも全く新しい取り組みを、始めた走りですから、本当にこのように取りあえずの治まりまで漕ぎ着けるのは、偶然起こるように仕向けてくる怪我の功名が道を拓いた事が、沢山起きた事はお二人がご説明してくださりましたが、ヨーク理解できる連鎖調和の道です。

開店おめでとう。

そして、だから起きる連鎖調和の繋がりが、石川町のNPOソマチョットさんとあらえびすに起き出すのです。

その連鎖調和の奇跡の軌跡があるほどに、他者の渦との融合が起きるのです。

それが、哲学者ルクレテイウスの【物の本質について】に繋がって行くのです。

この原子がたえず斜めにそれていく運動性を内在している宇宙の法が、連鎖調和を生み出していくのです。

その原子の特徴をクリナメンと呼ぶのですが、此れを認識して身体を扱うが、僕の身体ワークであり、その身体操作で生きるが【あらえびす】で目指す自然資本主義なのです。

原子に秘めた運動性から、身体を扱い、それが新しい街を創造し続けて行く。

必ず斜めにずれるから、環境が壊れない。

目標は、必ず斜めにそれるを知って、あえてたてる。

なし得たい結果は、如何に怪我の功名で行き着くか。

だから、如何に自分を騙せるか。

人は目標は直線上に置くと勘違いしている。

回し蹴りをイメージしてみよう。

フィボナッチの根本点から、極小の回転から動き出して次の回転で足を次の軌道に運ぶ。

結果、ズレが的を射止める。

しかし、決して脳で的を捕らえないこと。

心が捕まる。

心はいつも囚われてはならない。

全てはカミハカライと開き直って、心が目標設定をしない事を忠実に守ると、天から的がソコだと与えられる。

創造は微分不可能から生まれる。

それに魅力を感じて、まことちゃんの次にアヤヤがテンコちゃんが、カメラウーマンのチナミちゃんがスタッフ宣言を。

まさに辺境こそが、微分不可能な創造の中心地になる。

マチュピチュはその痕跡。

いよいよ、全国中のアクドや泉郷で、【辺境GO街美大作戦】が始まるのです。