読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

映画ターザンリボーンとディズニージャングルブック実写版が公開されますが、まさに自然界との仲直りへ

体の内部と社会 東出融ブログ

今年この時期に、ターザンリボーンが公開され、十一日からはジャングルブック実写版が公開されるは、僕にとっては最大の天からの応援シンクロです。

今こそ、都市での更なる人類家畜化で生き残りをかける現グローバル国家集合体への道を選ぶか、自然界の恩恵を信じてワイルドに生きる国家無しの世界に踏み込み創造し続ける人類の野生化か?

今、待った無しで、様々が動き出しています。

不正選挙だろうがなかろうが、都知事に小池さんが当選、防衛相に女性がきようされるのも、まさに着々とグローバル国家マネー市場優先思考による生き方選択側も、着々とピースを固め出しています。

と同時に、自然界側でのワクワクキモチイ自由を厳しくても選ぶ方々に、沢山講演会で呼ばれるのも、裏返しの陰陽どちらもドンドン次の世界に向かって動き出している兆し。

自然界側は、とにかく国家サービスには期待しないで、消防から道路整備から水道、電気ガス、教育福祉まで、自立して成り立つシステムを構築しなくては、結果現代人にはキツすぎてきっと逃げ出すでしょう。

その代わりに手に出来るのが自由です。

僕のように、自由業を渡り歩いて来た人間は、その自由さも自由故の過酷さも、はっきり言ってめちゃ楽しいと言い切れますが、僕もそうでしたが始めは皆怖いもの。

しかし、グローバルマネー優先多国籍企業統治国家側は、凄いSPEEDで準備しています。

まあ、当たり前だよね。

取り合えず国家予算も権力もあるのですから。

しかし、大衆が自然界側で孤立しないで(孤立して半径五十キロ隣家なしでは温故知新で終わり結果人類進化にはならないからそんな奴らもいたなで終わる、又そのような暮らしは既に実験として終わりを向かえている。人類の二極化の分岐の先には地球が再生していく美しい世界と、ドンドン人工化していく似非美しいふりな世界がある。当然似非は流行り廃りで廃墟化する残骸が残る。流行り廃りでて経済を回すからその結果は付いて回る。結果場を移さずに作り替えるか違う場に侵略かけるかが落ちでしょう。)暮らすが成り立つシステムは、先ずはパイブライン供給からの、脱却実験が必要なんです。

それが一リットル140円代の伏流水で実験出来るのだから、安上がりだ。

大半の方々は、飲む水の出場所を見たくなる。

そして、水源に直に全身で触れたくなる。

次はその風呂に入って見たくなる。

次は内臓から体全体をその水で浸して行きたくなる。

と、いったい自分はどんな自分が本当かに、やっと出逢う。

此れは予期していたけど、まさか今のサポーターさんのSPEEDで現地に来るかたが出始めるとは、思いもよらなかった。

此れは、本当の故郷は、まさにこの水に一番近い羊水だった、記憶に触れている。

ジャングルブックの大神が育てる命!

まさにウルフは、伏流水のように、優しく全ての生命を包む。

そんな世界から、僕らは自然界と話し理解しあい、共に地球を回す世界へと繋がる。

まさに沢山のジャングルブックが、地球に登場する。

そのワクワクは、人類イベントワクワクを越えた、最高の知識であり身体体感に繋がる。

だって、全ての命を通して、全ての地球を理解出来るのだから、最高級の幸せだろう。

虫や菌や植物や動物と話が出来て、通じ会える世界は実は人類に充分に用意されていた。

その知識を得た時から、永遠の力をはじめて信じられるだろう。

もう、鬱や落ち込みは、全て人類が地球から離れた警告として得た宝であることに、気づくだろう。

そして、最後はグローバルマネー多国籍企業国家を、野生が気づかせ包み、戦わない世界に向かって野生と人類の間にある壁を取り払う時が、必ず来るだろう。

そうしないと、又々アトランティスの二の舞になる。

あまりにも学習が足りない。

だから、なんとしても、アラエビスの活動雛形は現実化する意味が、既にあるのです。

どうかサポーターの皆様、水道民営化が全国に広がる前に、野生側の人類の雛形を僕に創らせて下さい。