読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

順調に申し込まれている日本で初のホールモン流儀による共に起業もしちゃうシェアリングハウス集合住宅

国民宿舎を一気に未来型に移行。

初めから、リニューアルまで砂場で遊ぶ子供のように楽しむ。

ニューヨークで多国籍企業時代の残骸をオシャレに生かすアート的な生活スタイル=アラエビスホールモン流儀=僕がニューヨークにいった頃からの動きにあったSOHO。

そして、それを未来型の新しい住まい方としてのブーム日本で創る。

此れを破格の1区区画150万円代で共同出資者を募り初めて、一週間ちょっと。

計20組の限界数のうち、昨日までで二軒のお申し込み。

住むも良し。

生活費のベースは、共に起業する【サバイブル=鯖燻る&レナリ】の海外向けにも通じる缶詰めや様々なイベント企画、年半分を民泊法の改正緩和を使っての貸し出しなどで、この投資を二年半でで回収して、そこから様々な企画実践で協同組合的な企業を共に立ちあげて行きましょうプロジェクト。

環境を結果汚染した、多国籍企業地球運営プロジェクトは、クリントンの敗北で完全な終焉に向かって下り出した事は明白。

雑誌のゲーテに書かれているような、破綻しても(多国籍企業的な成功の現れGDP)モノづくりや人生を溜め込まないで今楽しめるものに使う事で内需が拡大するイタリアは、実は今の日本の先の姿。

ここを共鳴出来るヨーロッパの庶民は、この十和田に凄いな魅力を感じる事間違いなし。

ましてや、そこで企画する奇想天外なビジネスプランは、世界の新標準になるでしょう。

鎖国を越えて、敗戦を越えて、多国籍企業に本登記させられながら震災時代を向かえ、日本が発信出きるのは内需の拡大と自給自足的な生き方のブレンドと、それに魅力を見いだす海外からの知的な観光。

なぜ爆買いに来る今の現状か?

我々が今だその経済流儀から、次へ進化出来ていないから。

そこを抜ければ、ドンドン次の世界標準を先取り出来る。

即ち進化。

陰謀論語ってる暇も、スピリチュアルに特化している暇もない。

それほどに、そこに進化していくと、未来は明るいだらけ。

提携の会社ミャクソンさんと、創りたい世界はそこ。

それが十和田湖では、完全に出来る。

なし得たアフターには、更にホールモン流儀で、創造で遊びながらビジネスして生活も心も豊かにしていける事が次々に展開される。

だって、多国籍企業国家システムがゴミにしてきたモノには、アートな創造がそこに起きれば宝の山なのですから。

その宝島への入場券が今回の、十和田湖残りま18軒。

主婦の仲間でシェアして、臍繰りで魂友空間持ちませんか❓

男の趣味の世界の仲間で、大自然中に魂友のアジト持ちませんか❓

そこには魅力的な人が住むので、何時でも恋に溢れている。

魂友で芽生えた恋の為に、シェアリングcouple特別室も創りましょう。

子供たちもワイワイと、安全に遊べる空間だらけ。

同じ仕事仲間や仕事コラボ仲間で、住めて泊まれての起業オフィースを持ちませんか?

例えば僕なら、四日市のワークショップ以降に、凄いご縁で共に動いているレーサーであり起業家のショーちゃん、一回にガレージオープンしませんか?

なんて、仲間に声かけて共同購入も出来る。

そこを魅力的にして、海外からも集まる場所は、絶対に自然溢れる辺境だし、今の所、市場はゴミと扱う。

だからこそチャンス。

そしてそれが、一度人類が地球の恩恵があって創造して唯物化したものには、ゴミ扱いせずに大事に大事にアートな創造で使いきってあげようよという、本当のもったいないを世界標準化まで持っていけるのです。

海外で【もったいない】がブームになるでしょう。

そして、それはその心は、未来の子供に自然を、自然な心を持つ人類を残してあげれるのです。

僅か150万円也で。

アラエビス全プランは、進化のプランなのです。

今、旧態依然の価値で出来た学校は、全て経営に行き詰まって来ました。

だって、今後今の学校から今の旧態依然の職業に向かう旧態依然のサラリーマンは供給量過剰で職がなくなる。

それに気付いた若者は、未来型の職を自ら作り出している。

その若者が、アラエビスを知って集まりだしている。

そこに住むなら、間違いなくご老人も気持ちが通じあったおもてなしの介護がついてくるのです。

即ち、150万円✖2軒也で、若者に起業家するチャンスを与えてあげて工房や事務所を提供しながら介護していただくという、真新しい老後もスタート出来るのです。

本当に今の常識がいかに未来の世界標準からみたら、旧態依然かがわかりだして、毛穴が全て開いて目から鱗の更に先に行くことでしょう。