読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

アメリカ欧州マクドナルドで人肉使用発覚。目的は彼らと同じ悪魔崇拝の無意識加担作戦

先ずはこのblogの転載。

そしてアメリカ欧州マクドナルド人肉使用で沢山出て来ます。

知らないふりのマスコミと今の殆どの日本人の思考停止が、これを許している。マクドナルドは人肉バーガーを提供していることが明らかになりました。
2015/06/07 11:10

前の記事
次の記事
ホーム
私も以前から、マクドナルドのバーガーの秘密を明かす記事を何回かご紹介してきました。
既にネット上ではマクドナルドのバーガーには人肉が使われていると報道されていました。
過去の情報によれば、マクドナルドの人肉はどこから来るかというと。。。イルミナティの悪魔儀式に生贄として使われた子供たちの肉だそうです。マクドナルドで大量に使われるバーガーの殆どに人肉が使われているということは。。。かなり多くの子供たちが犠牲になっているということです。カナダの先住民の子供たちが欧米エリートらによって大量虐殺されたことは既に報道されていますが、彼らは一体何人の子供たちを虐殺しているのでしょう。こんなこと。。。まともな人間ではできません。獣(レプティリアン)の血が流れているとしか思えません。
マクドナルドの人肉バーガーはアメリカだけでなく世界中で使われているのでしょうか。

世界中で多くの子供たちが行方不明になっています。彼らはエリートらに人身売買され、秘密の場所で行われている小児性愛犯罪や生贄儀式に使われ、その後で同じ仲間のエリートが経営するマクドナルドに殺害された子供たちの遺体が安く売却されているとも聞いています。
本当に吐き気がするほど残忍なことが行われていることに世界中の人々は気が付くべきです。
まさか。。。日本のマクドナルドも人肉ハンバーガーを使っているのではないでしょうね。
日本のマクドナルドは中国産の薬漬けの汚染鶏肉が使われていたとが判明しましたが、マクドナルドは何を使っているのか分かったものではありません。信用できませんね。
はい、これでマクドナルドは終わりましたね。それでも、いまだに何も知らずにマクドナルドで食事をしている人達は、本当にかわいそうです。

http://beforeitsnews.com/food-and-farming/2015/06/human-meat-found-in-mcdonalds-meat-factory-2476364.html
(概要)
6月6日付け
Human Meat Found In McDonald’s Meat Factory
Before It's News)
マクドナルドの肉工場で人肉が使われていることが分かりました。マクドナルドの歴史は決して良いものではありません。ファストフード・レストランが提供する食べ物の中に何が含まれているか分からないからです。以前、ある男性が、マクドナルドの100%ビーフ・バーガーには増量剤として人肉やミミズの肉が使われていると告発ひました。


検査官らがオクラホママクドナルドの肉工場を立ち入り検査したところ、工場の冷凍室に人肉と馬肉が保管されているのが分かりました。また複数のマクドナルド店に向かっていたトラック数台からは人肉でできたパテ(バーガー)が見つかり、全て回収されました。
検査官らが全米のマクドナルド工場と店を検査したところ、殆ど(90%)の工場と店で人肉入りのバーガーが、また65%の工場や店では馬肉入りのバーガーが使われていたことが分かりました。
FBIエージェントによると、最悪なことに人肉は大人の肉ではなく子供の肉を使っていたのです。
全米のマクドナルド工場で人間の身体の一部が発見されています。サイズから見てもそれらは大人のものではなく子供のものだったのです。


カニバリズムは何千年も前から今に至るまで存在しています。
2013年に起きた事件では、北朝鮮の男が彼の子供を殺害しその肉を食べたために処刑されました。
現在でも、いくつかの部族が人肉を食べる文化を維持しています。
アメリカでも、人肉を食べることしか考えることができないジェフリー・ダーマーやアルバート・フィッシュのような人々がいます。
我々は彼らは単に精神異常だと決めつけていますが、人肉を食べるなど、正常な精神状態ではできないと考えるのはばかげています。
マクドナルドの顧客は以下の質問に対する回答を待っています。
いつから人肉を使用してきたのか。
人肉用の子供たちはどこから手に入れたのか。
工場に運び込まれたときには、子供たちは既に死亡していたのか。
当局がマクドナルド工場を念入りに調査する中で、マクドナルドから上記の回答が待たれます。
皆さん、これからはファストフードの食べ物は避け、健康的な毎日を過ごしましょう。
http://breakingdownthnews.blogspot.co.uk/2014/08/human-meat-found-in-mcdonalds-meat.html#at_pco=smlwn-1.0&at_si=5572f7a04b25dd23&at_ab=per-2&at_pos=0&at_tot=1



今までならば、彼らイルミナティーがやる様々なエグイ仕掛けが、人口削減や更なるマネーへの執着ではなく、ワンワールドオーダー間近の彼らが知らない間に我々も悪魔崇拝の儀式に参加させていたんだという、最大限の精神の家畜化への道でっせ。

ある意味殆どの生活の糧を稼ぐ仕事は、九割九部彼らの下地の上におります。

だから、気づいた我々が束になり、それなりの生活が成り立ち、その上で自然界も増殖し喜び、我々が今一番先というものに、彼らが生み出したマネーを使える仕組みを我々は創造実践出来なくてならないが急務であります。

リニアコライダーの事、今回のMacの事、彼らがその儀式で誘拐した児童を食し生け贄にしていた事、今回身近に起きたハイブリットウルフへの新しい期待を裏切るように画策された陰謀の事、此れから山菜伏流水まで管理される事、そのためにアラエビスと縄文環境開発と共に、今彼らが此れから仕掛ける九月に起きそうな、いよいよな世界恐慌〜第三次世界大戦〜完全支配のワンワールドを我々が我々の感覚を研ぎ澄まし、今ある新しいプランに参加をしなくては間に合わない所に来ています。

どうかあなたのペットボトル代金や、電磁波カット購買予算や、一年間の味噌代金を、我々が市場にあえて載せない伏流水や大神魅素ゆえに出来る活動費に、又電磁波をカットするのではなく彼らが霊体に蠢く欲を使い我々を悪魔的な感覚に導く第七層こその歪みを取り払う、イヤシロチグッズで購入で稼いで回す活動費にあてさせて頂き、ウルフやファルコンに協力して頂きながらイルミナティーの完全支配を阻止させるに、皆さんの一票を期待しております。

この山に張り付き、あえて水源地を買わないでチャレンジしているのも、RAPTさんや宇野まさみさんの解釈を借りるならば、宗教的ではなく単純に民としてのイエス意識に自らがなれるかです。

即ち日本にも、彼らがワンワールドオーダーの本拠地に決めている、新しいエルサレム即ち京都がある日本だからこそ、今沢山いるイルミナティ悪魔崇拝者たちに、先ずは我々日本人が載らない新しい行き方を世界に示さなくては、今まで彼らの犠牲になった民が住む、ヨーロッパの民もアメリカの民もイスラムの民も、納得出来ないでしょう。

ましてや、ロックフェラー失脚後にワンワールドオーダー支配を実行する、ロスチャイルドの親分役がいる日本が、こんな事がアメリカヨーロッパで起きても、相変わらず日本で営業が出来るのは、裏があるからです。

ロックフェラー支配のMacなる、まぁ彼らが食品を通して結果行う様々な我々の精神を病ませる人肉食っちまった事件が、日本では暴かれないかは、同じ事しててもロックフェラーからロスチャイルド側に魂をすでに日本マクドナルドは売っているからです。

幼児誘拐性的虐待そして生け贄から儀式食材をしていたバチカンエリザベス女王が暴かれたのも、更なる上がロスチャイルド側や日本やアジアにいるからです。

教皇派だけが、イルミナティーならばとっくに我々は、ワンワールドオーダーの中で、ファシズムの真っ只中で暮らしているはず。

まさに、日本のピラミッドなる山には、今回のアメリカヨーロッパの人肉事件に繋がる、沢山の小児の生け贄人骨が、必ずあるはずです。

東京に闇に広がる、彼らしか知らない地下は今、広大な深さと広がりをみせています。

何れ我々悪魔に魂を売らない民が勝利を治めた暁には、アテルイ同様に、供養してあげたい。

そして、彼らは、知らず知らずのうちに小児を食べていたと知り、自責の念に陥る我々を作り出し、自殺にも追い込もうとしている。

サカキバラセイト事件もヤラセ、でっち上げ、それなのに我々は思考停止して、他者の事件にして真実から逃げてきた。

こんな時代、我々は自らを孤独なジャーナリストにも、仕向けなくてはならない。

必ず孤独なジャーナリストが繋がり束になり、彼らの陰謀を妥当するときがくる。

今の日本でマクドナルドを一度も食した事がない方々は、僅かしかいない。

仕入れを安くするなんてわけでやっていらっしゃったわけではないから、多分始めからだろう。

猫や犬を使っていると、都市伝説が流された辺りから。

ならば、悲しいが僕も彼らに、無意識に食すことで、参加してしまっている可能性は大だ。

だから、食してしまった彼らの為にも、自責の念で精神を病み自殺している場合ではなく、彼ら生け贄になられた命の分も彼ら打倒に向けて今を生きなくてならない。

バチカンで生け贄に食された、小児は500000人。

これでも、変わらず知らないふりして今日を送れるならば、すでに、魂を売っている。

どうか、共に立ち上がり、具体的な活動と、我々の勝利を共に祈って欲しい。

もしも身近に、その先にある経済を実践実行している、組合的なものがあるなら、その活動を下支えしてあげて下さい。

もしも、なければ、どうかアラエビスにコンタクトして下さいませ。

ポータルサイトaraebisu.jpから、mailでコンタクトして下さいませ。

直接声を聞き、私に様々をお聞きしたいかたは、遠慮なくお電話下さいませ。

0237-44-3288 アラエビス 東出まで。