読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

海の波の打ち合わせで出る低周波数が、人間の脳を壊す事が出始めましたが、勿論犯人はSERNでしょ。

ヤッパリ変わって行かないと

を立てている。その原因が判明した
The Huffington Post | 執筆者: Jacqueline Howard
メール
投稿日: 2015年04月19日 17時09分 JST 更新: 2015年04月19日 17時34分 JST
シェア
77
ツイート
388
コメント
6

科学の世界では、ずっと以前から地球が奇妙な低周波のハムノイズ(ブーンという雑音)を立てており、人間には聞こえないものの地震観測装置では検出できることを知っていた。しかし、この「微小地震」活動の原因については、科学者は確信が持てなかった。

これまでは、だ。

新しい研究が2015年2月10日に学会誌「ジオフィジカル・リサーチ・レターズ」オンライン版で発表され、次のような結果が発表された。このハムノイズは主に海洋波によるもので、私たちの惑星をかすかに震わせている。研究グループの表現で言えば「共鳴」しているのだ。

「この現象の解明に向けて大きな進歩がありました」とファビリース・アードアン博士は書面でハフポストUS版の取材に答えた。博士は、フランスのブレストにある国立科学研究センター(海洋科学)の上級科学研究員だ。「現段階で、この共鳴の由来が判明しました。次の段階は、それにどう対応するかです」

問題の原因を探ってみる。科学情報サイト「ライブ・サイエンス」によると、海洋、風、海底のコンピュータモデルに助けられ、研究グループは、ハムノイズを引き起こす海洋波の正確な種類と方法を明示することができたという。

研究グループは、海洋波間の衝突が一部の地震活動を生じることを発見した。大部分が巨大で動きの遅い海洋波の運動と圧力で、海底までずっと広がって地球にハムノイズを出させていた。


左の図は、海底に到達する巨大な波の計算高度を示している。右の写真は嵐の最中の波の種類で、フランスのボルドー南部の海岸で見られたもの。このような長い海洋波が海底に及ぼす圧力は地震波を生じて地球を振動させると、研究グループは述べている。

ハムノイズが役に立つことがある。巨大な海洋波によって引き起こされた微震活動は、地球のマントルの奥深くまで入り込む。地核まで達するという可能性もある。科学者グループによると、それを記録することにより、研究グループは私たちの惑星の内部のより詳細な実態を把握できるという。

高周波の場合、つまり人間の可聴域にあったら、その雑音はどのようなものだろうか?

「ハムノイズの1万倍の速度になれば、古いテレビがチャンネルの間で出すような『ホワイトノイズ』を聞くことができるでしょう」とアードアン博士は、ハフポストUS版の取材に答えた。

うーむ。そんな音は聞こえなくてもいいかもしれない


さて、裏を読むなら、間違いなくSERNの人体実験が始まっている。

イルミナティーよ人の脳を乗っ取り、日本が本拠地のワンワールドオーダー実現にむけて、ドンドンと準備が進んでいる。

大阪都構想もその一貫であり、世界政府樹立の為の最大の武器が、リニアコライダーだ。

これには、SERNやスカイツリーも、大活躍だ。

戦国時代日本は、イルミナティーに乗っ取られないように、即ち後から日本を支配した天皇家を、どうにか押さえてきた。

今マスコミにたまされない、自らの世界を見る目が試され始めた。



そして今日、我々ハイブリットウルフのブリーダージャイママさんこと佐藤ミキさんが、不審な状態で死を迎えた。

彼女の千葉で生まれたハイブリットウルフが、今日本でも、害獣なるものを害獣扱いされる命を無くそうと奮闘。

様々な動物虐待にも、真剣に向き合う。

北海道で害獣対策の為に、飼われていったハイブリットウルフの三日間の餌やり留守番。

前日までのハイブリットウルフとの、親密なFacebook情報ではあり得ない。

ましてや、全裸でが、きな臭い。

イルミナティーは、ウルフやらファルコンの再来は、自らのエゴの君臨欲を傷つけられるから、絶対に野生の復活は受け付けない。

そもそも兵庫が県をあげてのウルフ飼育が、怪しげな出発点であった。

ましてや、ロスチャイルド大阪都構想から既に、日本在住に向かい始めた。

イルミナティー即ち天皇派は、ロックフェラー即ち教皇派失脚の後に、彼ら主体のワンワールドオーダー実行の最終章である。

ウルフの此れからの利権は、凄いものになる。

又々ウルフが宿命のように、彼らに利用される序章が、もしも今回の似非噛まれ全裸の死ならば、彼らを本当に許すわけにはいかない。

野生と利権のない地球を、再構築するを目指すを考える同士への、警告、見せしめでも、彼らを全人格をかけて許すわけにはいかない。

どうか彼らの陰謀を食い止める様々なツールを駆使して、リニアコライダー計画や野生の終焉計画、そしてその先に見える完全ファシスト計画を阻止する、束なった民の活動を生きた水の代行汲み上げ応援や、家や身をイヤシロチ化してHAARPやSERNやリニアコライダーが仕掛ける脳破壊による完全家畜化への待ったに充分効果がある丸ごとイヤシロチ化グッズを通しての応援などの、参加を、あなたが本心から立ち上がり共に、民や野生動物植物優先な地球を取り戻す運動に是非とも参加をして下さいませ。

お申し込みお問い合わせは、ポータルサイトaraebisu.jpから可能です。
お待ちしております。