読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

愛工房の伊藤さん、本当に同じ方向を向いて歩かれている、先輩でした。

昨日お伺いして、生きられる姿勢に感銘を受けました、愛工房の伊藤さんは、本当にお山が作り出す水と、木が作り出す酸素の大切さに、生きておられる方でした。

同じ方向を突っ走っている僕には、心強い先輩です。

この輪は、本当に繋がりが強固で、モミノキハウスの山田シェフとも、繋がっておられました。

早速、僕の活動を話させて頂き、会員一万人で作れる、無料の養老院とオルタナテイブな学校の併設での、山形の根間借りを使った杉材の、ご協力をお願いして参りました。

この道に繋げて頂いた、朗読サプリのしおりさん、aikoさん本当に有り難う。

このように繋がりを創る為の出張費用だけで、月五十万が、飛んでいってしまう今ですが、自転車操業の今の現状では、きつくても繋がり続けて行くしかない中で、本当に最近は全てが天から与えられた、見事な出逢いばかりだと、感じております。

帰りはモミノキハウスに寄って、試飲セットキットを持ち込ませて頂き、山田シェフの絶品のコロッケとを食べさせて頂きました。

サービスでバナナケーキを頂き、これ又絶品でありました。

前回お伺いして以来、此方では看板の玄米を全て、我々の二千年前の伏流水を使用してくださっております。

ステービーワンダーやイエスのギターリスト、永ちゃんさえも唸らせる、自然食レストランのオーナーシェフに、メインである玄米の味が格段に向上したとの、お墨付きは本当に嬉しい限りです。

是非とも皆様神宮前の自然食レストラン、《もみの木ハウス》に立ち寄って、この伏流水のエネルギーを感じ取って下さい。

入ってすぐのコーナーに試飲部門が設置され、お水も飲めます。

この水で焼酎を割ると格別に旨く、全くへんな酔い方がないのですが、此れは是非とも下北沢の農民カフェで試せます。

一昨日は二千人の閲覧のこのblogでもります。

是非とも、一飲は百聞にしかず、足をお運び下さいませ。

この生命エネルギー値の高いお水と、それを使った料理が、全国中に広がる事を願っています。

そして飲むことで応援できるこのシステムが、お預かりしている全国十箇所の水源で、稼働したとき、他国からの水源地の買い占めや、企業がマネー市場で荒らしてしまう、お山を守ることが出来ます。

守ると言うよりも、お山あっての我々人類ですから、お山の立場から僕らの浅はかさを知ることが出来ます。

その時、人類から見た環境ではなく、このお山から見た、あまりに短絡的な人類の生き方を、見つめ直せます。

そこの視点の変更が、このギリギリの文明の崩壊を防げる人類育成に繋がるのです。

お山は、今必死に自分達で未来の永続を維持しようとしています。

徐々に人類は、そこから排除され始めているとも言えます。

けれども、様々な環境変化の試練を、世界中に広がる人類に与えながら、まだまだ僕らに期待してくれているとも、思えます。

どうかこの大きな仕事を、飲んで応援して、ペイフォアードで広げあって、何としても僕にやらせて下さいませ。

大山、出雲、立山、白山、鳥海山、御所山、黒伏山、福島石川町の水晶鉱山のペーハー9の水源、北海道二風谷村のアイヌの方々守ってこられた、一万年前の伏流水という、全国の水源地が何故か僕に託され、ドンドン責任が増しています。

この陰のエネルギー、西日のエネルギー、月のエネルギーのプレートライン上の数々の託された水源。

そこで、共に我々と共に歩むよう生き始めようと寛大に待ち続けていらっしゃる、お山さんのネットワーク。

そのシモベである、自分はお山の意思と共に生きるだけです。

大事に大事に、水のなかに浸かりながら、手で25リットルの汲み上げ専用ボトル二十個以上に入れ、深山でケイトラに詰め込み、此れを繰り返し限界集落の基地で、手でボトリングこの作業は、ひたすらお山への感謝と、飲んで応援して頂く方々への感謝の作業で、けして大変ではなく幸せなのです。

そして、アートテンテクノロジー化された事で、酸性雨の影響がなくなり、お山は日々エネルギーを確実に高めています。

お山自身が喜びで満ち溢れています。

それが、見事に味に現れて来ています。

この、生きてる水が必ず人々を、目覚めさせてくれると、今日も何故か信じて、前に進めるのです。









Android携帯からの投稿