読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

四日市サポーターさんも、沢山のヒントを得て帰宅され、皆様によって更にあらえびすがやることを明白に

あらえびすがお伝えするのは、連鎖調和=アバンギャルドアート=自然の野生の思考。

地球とランデブーするのなら、その地球の思考こそを知ること。

そうしたら、自ずとやることが見えてくる。

考える事が見えてくる。

それを哲学で最初に示してくれているのが、野生の思考のレビーストロース。

では、哲学って何。

右脳の感覚を確りと左脳で、面倒な言葉に変換する事。

出来れば、最高にしち面倒くさい言葉で。

その時に、左脳は自らの限界に気付く。

左脳の言葉が、スイッチになれないことを知る。

新しい世界を創造するのは、右脳だから、左脳に限界を認識させる。

そのプロセスが哲学。

そして次は、限界を感じた左脳には暫し休憩を与え、砂場の遊びのような世界を、この地球上に描いて、この右脳が描く最大の特技の【場の創造】で、赴くままに自由な立体の世界に遊ぶ。

昨日一泊で来られた東京のサポーター、楽読のF女史もすっかりとこの【場】に魅せられて、来年の引っ越しを遂行したい自分を感じていらっしゃる。

皆、立体の砂場としての【あらえびす】を、理解しはじめ出してくれている。

やること、なし得たいことは、【場】との出逢いで、ほぼ準備が整う。

真っ白な画面に、自由な線を描いてみなさいと、岡本太郎は言うう。

此れも、同じ事を実は言っている。

真っ白な画用紙に変換するだけが、左脳の仕事と言っても言い過ぎではない。

ご破算したら直ぐに創造。

真っ白な画用紙でイキイキと生き出すのが右脳だから。

ZERO化したら、【間】の脳で、左脳に情報が移る前に、間髪いれずに右脳で創造してしまう。

具体化は勝手についてくる。

左脳が一生懸命やっても、右脳の創造に必要のない事は、ことごとく行き詰まる。

行き詰まりが見えたら、左脳が勘違いしているツールを捨てる。

道具が違うだけだから。

【間】とは、髪の毛細さぐらいだから、【間】を左脳が認識したら、間延びしてしまった。

創造が遅かった。

此れは、ラップの速い変換に通じる。

そのように踊るのがヒップホップ。

だから、動きに意味付けが生まれたら、すでに間延びダンス。

ダンスの面白さは、右脳と間脳のみで時間軸を生きてみるという、人類最高の思考遊びであり訓練だ。

しかし、当然意味を探すダンサーと意味付けが好きな観客が多い。

左脳が働いた瞬間に、アートではなくなる。

それは何故か。

答えはシンプルだ。

右脳が働くのは、砂場だから。

そして最大の砂場が、自然界。

伏流水もその為の遊びのツール。

何故なら、生きた水はZERO化する最高の、ツールだから。

美味しい料理も空気も、ZERO化する最高のツール。

だから、この自然界を人類は大事にしないとならない。

環境って、人類にとっては、ZERO化出来る自由を持ち続けているって事。

台風も地震も大事。

決して災害では本当はない。

敵対の根本は、自然災害の脅威から始まっている。

自然災害は受け身のみ。

しかし、受けてないのです。

自然災害も含めた、借り暮らしの融ちゃんでしかないのに、左脳は永久を目指す。

その積み重ねが、ZERO化出来ない脳を発達させる。

ZERO化があるから、正三角形の増殖が起きるのです。

正方形は一点が消えて、一点を失って、だからこそ完全な正三角形になるのです。

それが地球の常識だから、逆らいようがない。

ピースの一万人ライブの穴埋めで生まれた、本来三百万の基礎八角形、周りはコブハウス、そして玄関はフィボナッチで、上から見たら完全な自然増殖のフィボナッチログハウス。

穴埋め以降も、この脳の進化に最適な、自然のサイクルで自然の連鎖調和を学びながら、砂場を手にする事が出来る、フィボナッチログハウス百万プランは、いよいよ九月末で特価プラン終了します。

今のところ、穴埋め完了以降に昨日までで、3棟お申し込みを頂きました。

10月からは三百万に戻す予定でしたが、日本の植林杉の対策と、右脳の劣化と、身体と自然界と脳のコラボには凄く重要な素人建築体験故に、1,537,900円で今後も私有林のオーナーと共に、この崩壊寸前の植林杉の私有林有効活用プランとして、定番にしていきます。

此れは、入り口です。

この方々が、次は正三角形社会構造を共に生み出し、孤立しないけれども自由な人生を、経済から公的な事業までも含めて、本気で住みたい世界を創造しちゃうを、実践していきます。

好御期待あれ。

真面目に県税収ぬきまっせ。

しかし、誰もが最低収入で行けちゃう世界を。

この新しい仕組みが、旧態依然の国家を崩壊までは支えます。

何故なら旧態依然の国家システムも、僕らの重要な軌跡のモニュメントだから。

だから、争わないで進化としての勝利を、手に出来るのです。

それが、右脳が創造する、平和の描きかたです。

脳の自由から、平和を手にするのです。