読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

あらえびすに新しいスタッフとしてまことちゃんが加わります。

正式には名古屋の生活を片付けてですが、本人も僕らも、もうまことちゃんは、あらえびすバンドスタッフの一員です。

そして、この調子では、アイちゃんもスタッフになってしまいそう。

皆、あらえびすに来ると、自然に魂が全快になっていくのね。

チームピースもチームあらえびすも、境がないほどに家族になってしまった。

此れが伏流水という命の源を中心に置くという恩恵かな。

血縁の更なる先にある一致に進むと、血脈が人脈を越えて、水脈に移って行く。

広い広い一致感を、自然の源に託すと、まだまだクラブハウスや八角形ログが出来ていないうちから、水脈に呼ばれた魂が集結しだす。

そんな集結には、境が自然に不必要になる。

だから、今の皆の家が手狭でも、何故か空間を感じる。

それは、よくお越しのサポーターさんも、すでに家族化してしまっている。

だから、どんなに多くの方々が、初代皆の家に溢れていても、座る場所がなくても、空気は薄く感じないからふしぎだし、お山が喜んでいる。

早速、初代皆の家の駐車場の上に、制作途中の部屋を作り始めていきます。

又々、泊まれる空間が増えます。

そう!あの一万人ライブの、あらえびす80名の犬山キャンプ場での、夜の十時からの奇跡のキャンプが、そのまま今山形では続いています。

主役がいなくて、誰も疎外されていなくて、誰にも気を使っていないのに、全てが回っていた80名のキャンプは、数多くの森林キャンプワークを企画してきたあらえびすにとっては、伊豆から始めた森林私の行き着く先での、大成功でした。

意図したら出来なかった。

予定調和ではなし得れなかった。

此れこそが、連鎖調和の醍醐味、幸せ感でした。

それは、犬山キャンプ場用に今回買った、mont-bellの二つの円形テントを一つ、家の前に設置してインディアンなみの、飲み会自然ミーティングという場にも連鎖調和の奇跡が生まれました。

此れも、都市部の居酒屋では生まれない、伏流水繋がりの人脈が伏流水のお山と連鎖調和をすでにしているという、自然あっての奇跡がなし得る技。

此れが誰かの、辺境の家に泊まってもおきないし、辺境のカフェでもおきない。

そこに先に、血流で繋がって場を設定したり、お店で先に場を設定したりしてしまっては、予定調和から始まるしかないから、連鎖調和を体感するが出来ないのです。

先にあるのは、まず雄大な地球のシステムを垣間見るベース。

そして、アニマルも含めた大衆の集団としてのベース。

その先に、始めて現れる小さな家族。

このシステムが、地球が人類に与えた家族の成り立ち。

だからそもそも核に家族が存在しているのではなく、核という地球や命の水やアニマルも含めた大衆集団ががあっての小さな家族こそを、その上全体の成り立ちを核> 家族というのかなって、今回の強い絆で見えて来たのです。

アイヌ語でアクドは、水が涌き出る場。

ズックも同じ。

その核を守るために、ワザワザ自ら【悪戸】という漢訳にして、【核】を守ったのだろうね。

だから、小さな家族を守るが優先から始まると、環境問題的な発想に陥りやすいけれども、伏流水こそをアイデンティティの核心としていたのならば、それこそ脳の発達進化のためなんだろう。

此れは、アニマルも含めた大衆集団が、見える形で共有しているから、生まれる核なんだ。

即ち、最大の絆。

だから、地元の方々との間に、対立が生まれない。

アニマルも含めた大衆集団には、一番の核に辺境の先住民が野性動物から植物菌類までが存在しているから。

それが、見える幸せ安心感が、今度は心の核を描く。

此れをチームピースとあらえびすが融合一体となって、そこに人類が核を移す事が、うつ病ZEROに確実になっていくんだ宣言を此れからして、次の一万人ライブ(イベントではなく生きるをライブにする)として提唱していきますが、生きるがライブになったならうつ病ZEROどころか、世界は完璧にひっくり返って行くのです。

生きるがライブになるには、ライブという連鎖調和で生き続けている場に【核】を移す時期に来たのでしょう。

伏流水はライブのモニュメントなのです。

それも、人類が銅像や石碑を建てるモノとは、全く次元が違う生き続けているモニュメントなのです。

結果、美味いとか、健康になるとかの恩恵があるだけ。

それは命の核としての、連鎖調和のモニュメントだから起きる恩恵の奇跡。

そのように我々が捉えて、捉える波動が増殖したときに確実にパワー値は、あがるのですから本当に不思議。

だから、名水百選のお水は枯れて他に移るものが多いのかしらん。

同じく、小さな家族優先の側の水脈が何故か、力が薄いのも、家族を先に核に捉えてしまっているからかしらん。

人の前に、壮大な連鎖調和の【核】を核として我々が認識したときに、大いなる宇宙と響命してこの伏流水という核こそが力を復活させて、我々が先に核になってしまった勘違いから生まれた様々な現代の闇を大きく転換してくれるのでしょう。

闇や影が消えるのではなく、光と闇が連鎖調和していくのです。

もう目指したい、融合の世界観が、完璧に見えだして来ました。

地球さんありがとう❤