読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

◯ばかりの四日間を省みて。

一昨日の夜に新幹線で帰りました。

何故?

東名でファンベルトが切れたのです。

五日間、僕も睡眠時間二時間〜三時間続いていましたから、これは愛車タンドラも、夏休みなんだと。

静岡と神奈川県境の、秦野中井の中井パーキングまで、そっとエアコン無しパワステ無しで走らせ、JAFに連絡。

来られたJAFの方が、無限大のサービスマン。

感動しまくり。

そして、案内された町工場のオジちゃんが、又々可能性無限大のメカニック。

更に感動しまくり。

本当に自分のお仕事を、魂からワクワクで楽しんでおられ、更なる感動の帰路での可能性無限大人類に、確信出来とせたカミハカライでした。

そして、ピースの無限大ライブを、全身で応援すると決めて、二ヶ月半前の出逢いから全国を走り抜け、トータル走行距離走り抜け二ヶ月半でなんと4万キロでした。


まずは、集まってくれたサポーターさん、本当にありがとう御座います。

サポーターさんと共に来てくださった、未来のサポーターさんも。

特に、前日入りから二日目の夜間十時からのキャンプは、やばかった。

もう家族のように、勝手に繋がって、皆んながやりたいことや、仲間的に負担に感じるギリギリをやってるだけで、結果オーライはまさに連鎖調和の野生であり、それが不採算スキー場に創る雛形の、プロローグであったように感じます。

そして、自然界の恩恵を一番に感謝して生きる仲間と共にあることが、なんて素敵な事かとしっかりと確信させて頂きました。


次の◯は、なんとリンポチェさんが、アラエビスがお届けしている伏流水を、素晴らしい水であると言って頂き、ワザワザお付きの当日通訳もなさっていた方が、スタッフに報告しに来て下さいました。

まさにリンポチェさんが仰る呼吸も感謝に変わった時に、波動は高まり、世界平和に近づくを、我々とサポーターさんと自然界が3点正三角形エネルギーという関係性が、イヤシロ人として、水源と呼応して来たからこそを確信させて頂きました。




そして最大の奇跡は、今回水汲み〜運転〜飲料体験〜片付けまで、全てをアバンギャルドで成し得て下さったサポーターさんとお友達の、成し得た未来型人類社会の在り方という奇跡です。

特に準備段階のキャンプ初日〜夜の十時からのキャンプであるにも関わらず、八十名が家族のようなキャンプを実現出来た奇跡は、不採算スキー場に創る雛形の奇跡のプロローグをしっかりと見せて下さりました。

もう僕らアラエビス家族には、違いを越えて認め合う生き方の準備が確りと出来ていました。

本当に遠くから集まって下さった皆様、有難う御座いました。



更にアシタカ君ハクちゃん花ちゃんミミズク福ちゃんは、これから次元の高い地球を描くために、人類と共に遣り抜く覚悟の一致に漲り、言葉を違いを越えた野生の仲間であることを、来られた皆様に、確りと感じて頂けました。

アシタカ君ハクちゃん花ちゃん福ちゃん、ありがとう。

池間先生とも、同志として共に地球を創り出して行く、堅い約束が出来て、その場でサポーター登録を頂き、話しは終わることがない程に盛り上がらせて頂きました。


ヤブちゃんとも、言葉を越えた長〜い長〜い握手で、魂の再会を喜びあいました。

打ち上げでは、環境をテーマに対談させて頂いた、様々な先進技術を開発されている平井さん、バクチャーの若き杉山さんとも素晴らしい対談が出来ました。
此れから三人でタッグを組んで様々が行われて行く事でしょう。


そして、この時に既に他界された仙人。

仙人とは夢の種放送で対談しておりました。

亡くなられた次の日に、アラエビスの活動の番組が放送されたのですが、仙人のお勧めで何時でも皆様が聞けるようにと、QRコードをアラエビスでは購入しておりましたから、仙人の意思を声を通して永久に残せた事と、会場で逢うたびに僕に「任せたよ」と言い続け、フィナーレでは舞台に上がらせて頂いた真ん前で、ずっーと僕に無言のメッセージを送られるかのように、ジッート確りと僕を見続けて下さった事、そして今月二十五日に仙人主催で亡くなられた場で僕の講演会が開かれるなど、出来過ぎの魂のシナリオを様々に、仙人が創られておられた事に、アッパレの死に様を、今生の人生の先輩が魅せて下さりました。



【RADIO】
融ちゃんの声によるvoice letterができました。
 
「これを周りの方に広めて下されば!!」
  
志も、活動内容も、ぐっと詰まった ふるえる30分。
ウェブサイトからもお聴きいただけます。
 
収録:ゆめのたね放送局、パーソナリティーは“瀬戸の笑い仙人 ウッチャン”こと内山伸治の笑いは世界を救う『プラネットラジオ』より 
 
http://goo.gl/m8PlV0
 
先日、天に旅立たれたウッチャンの貴重な音源となりました。





お腹が減ってスタッフと妻とサポーターのバイちゃんと、デニーズに行きました。

そういえば、須田さんと対談出来なかったねと、道すがら話してデニーズへ。

なんと須田さんと須田塾の仲間達さんが、おられるではないですか。

須田さんも僕とサシで話したかったと。

対談を越えた盛り上がり。

後でピースから聞きましたが、今生生きていてくれてありがとうは、須田さんにとってはヤブちゃんが始めての1人だった。

僕もわかるけど、もう神として生きると決めると、なかなかそのレベルの同志には魂の再会が限られたモノになるのでなかなか出逢えないのですが、須田さん曰く、僕が人生で、その2人目であったとの事でした。

勿論、僕もでしたが。

此れから、須田さんヤブちゃんと僕とで、男の生き様を背中で伝えるテーマの講演会が、世界標準で開かれて行く事でしょう。



そして当日はまだまだの、15名の新規サポーター登録でしたが、昨日は須田塾の方からも、デニーズ対談で感動したからと、即座にサポーター登録お申し込みを頂いたりと、既に全く違う連鎖調和の動きが出始めてきました。

そこにも、仙人始め、他界された霊軍団も共に世界を平和にする、野生も霊界も現生もタッグを組んだ、ロードオブザリングシナリオが確実に動き出しています。

仙人は、霊界を束ねられる為に、先鋭隊として次元転移されたと、僕は確信しているのです。



やはり一万人可能性無限大ライブは、完璧なプロローグになりました。

ピースのチャレンジがあったからこそ。

それは、全ての人にとって同じ。

会場に来られてない方、このライブさえも知らない方、全てが繋がり、更に全員が更なる大いなる次元に進むのです。

それほどに、連鎖調和するが地球です。

だから、全ての人がチャレンジする。

少しでも次元が
高い生き方に
チャレンジ
する

出来るならば、神として、生きるを決める。

そこから、全てがやっと始まるのですから。