読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

昨日は九時間で大阪に到着。夕方から共に新しい世界を創る意欲のお二人と共に、12時までトークを!

体の内部と社会 東出融ブログ

夏休み何ですね。

ホテルも道中も夏休み色一色でした。

さあ、今こそ大きな唯物論を、庶民の手で現実にしなくてはなりません。

スピリチュアルでも良いし、野生の回帰でも良いし、循環型の人類の生き方でも良いのですが、きちんと見える形でそれを創れるか否かの重要な時期に来ています。

昨日のblogに書いたように、今同時進行でのリオデジャネイロの崩壊は、近々で私達に何を伝えているかを感じとって、日本にある瀕死の自然を復活させて(瀕死でもここまでの復活の可能性の瀕死な自然は日本だけ)世界(人類だけではなく全ての生き物としての世界)の財産として、その自然界から供給される命の様々な源を、分け合えて行けるシステムを完成させなくては、後五年後には世界中の難民が日本に押し掛けて、命の源の取り合いによる人類の仲間割れが地球を多い尽くすことになるでしょう。

そこに、多国籍企業的国家ネットワークが存続をかけて、更なる縛りをそちらの生き方を選んだ方々にはしていくしか、多国籍企業的国家も延命出来ないから、不正選挙も含めて致し方のない事が起きているのです。

内田樹さんが仰る、システムの劣化そのものなのです。

ですから、様々にケチをつけるのではなくて、このシステムの劣化が生み出す現実から先ずは逃げないで直視しなくては行けません。

そして、部分や間口の狭い事での解決ではなくて、大きな視点までフォーカスをひいて、世界をターゲットにしてまっさらなシステムをつくりあげなくてはなりません。

口で言うのは、えらく簡単ですが、それこそが進化に繋がるので、人体の600万年の歴史の紐解きも含めて、これからの人体の進化をそこと照らし合わせて見つめなくては、机上論に陥ってしまいます。

アマゾンの奥地に、文明に接した事がない先住民が、文明側に加担する同一民族を殺したり、追いたてたりするのも、今の害獣と一方的な眼差しから言われる動物たちも、生き残るのに必死です。

ましてや、文明側の我々彼らに近寄るだけで、彼らには処理できないウイルスを伝染させて、集落ごと崩壊させてしまうは、アボリジーニの時もインデイアンの時もさんざん文明側の無知が起こしてきた事実です。

しかし既に、リオデジャネイロでの現実は、文明側の行う浅はかな早急な開発がそのスイッチなだけで、ここまで実はギリギリで蓄積している事を、我々に見せてくれているのです。

リオデジャネイロの、オリンピック開発と同時進行での参加者や観戦者に現れている体調不良の現実は、開発の名の元にいかに少しずつ少しずつ崩壊への蓄積をしてきたその前の多国籍的企業国家ネットワークシステムが、最後は自分達人類の首を締め付けることになっていて、そこへオリンピックのような開発が起きると一気に吹き出してくるほどに、ギリギリの飽和点で地球が必死に耐えてくれている事を、我々は知ってそれに向けての一歩に迷いや疑いをしている暇もなく、そこに一歩進み出る勇気ある民族として、世界の雛型になるように進化しなくては、間もなく現文明は又々崩壊を迎えるのです。

この情けない人類が、崩壊まで気づかずに度重なる崩壊を経験しては、すごろくのように振り出しに戻るを繰り返すのが人類の役割なのか? それともそこを実は打破して先に駒を進める役割なのか? 僕には知る術もありませんが、僕が好むのは先に駒を進ませれると人類の地球における役割の可能性を感じた方が、ワクワクするのでそちらを選んで、結果この活動をしています。

だから、この活動は僕の趣味だし、嗜好だし、僕そのものの生きざまです。

崩壊への道を今後速度をましながらも、リオデジャネイロに代表される方向でどうにか存続をしていく多国籍企業的国家ネットワークは、僕には好みが合わないから、一抜けた!ができるシステム作りと同士探しに邁進しているだけ。

その小さな雛型が、山形に一つ出来たならば、そこへの可能性の道を皆さんが感じて、最終的に一水源千名で成り立つ雛型ネットワークが十四万箇所に出来上がっていくでしょう。

そこへの道の途上で、一万名サポーターは凄く重要な、同士の会を結成していけます。

一万名に将来的に生きた水を供給出来るしてむで、なぜ最終的に千名なのかは、九千名分は世界の環境難民に我々日本人は差し出していかなくては、世界中で【水戦争】が起き出すからです。

だからこそ、どうか皆様その一歩である、伏流水サポーター登録と、その雛型環境を総合的に作り出せるアラエビスの様々なシステムに、ご賛同頂き共に多国籍企業的国家ネットワークではなし得れない、可能性無限大のニューシステムを共に早急に作り出すことへの、参加の一票をお待ちしております。


今日は梅田にある、ロックバンドおかん のカフェアースダイバーにて、十時から休憩入れながら五時まで講演会と身体ワークがあります。

是非ともお越しください。

そして、共に地球における人類の可能性を引き出しましょう。

明日は、大阪梅田横の中崎町のアマントで11時から3時まで、講演会とミニ身体ワークがあります。

そのまま夜八時には東京に到着しなくてはなので、4時までは出来ないことを、ここで先にご報告させて頂きます。

一万人ライブでは、最低五百名の新規サポーターという新規同士を獲得できなくては、この唯一無二の多国籍企業的国家ネットワーク崩壊ではない、全く違う可能性の扉を開いて行くことが出来ません。

どうか、僕に力を与えて下さい。

此れは心肺停止水の今の水道や、国が外国企業に売りさばく更なる心肺停止水に繋がる此れからの水道事業や、山そのもの崩壊させるペットボトルミネラルwater事業への皆様の賛同一票なのか、全く新しい庶民が庶民と地球全体の命のネットワークに繋がる水道事業への賛同の一票なのか、まさに選挙なのです。