読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

800年周期で動く自然界。その度に地球の水の流れも移る。まさに此れから太平洋側の水源が動く時期に

地球の水源移動と人類の価値観の移り変わりは、見事に地球の800年周期に影響されます。

まさにその時期は地震がおきます。

しかし昔のその周期を上手に活かせたネィティブは、その時に同時に(当たり前なんですね。地球一番間借りしている人類がいじりすぎた地球が保たれる為には、人類の価値観を800年周期で変えさせないと地球がもたないから)お祭りをして感謝をして移動しながら生きて来ました。

人類は、野性動物と同じく、地球の回復都合に寄りそり生き抜いて来ましたから、日本とイタリア以外は800年周期の移動型人類なんです。

たまたま日本とイタリアは、海から地形の背骨まで近いから、その周期(二百年はずれます。何故なら日本もイタリアも脊稜山脈という地形周期の変格点である位置を有しているから、山の稜線辺りにも暫く百から二百年近くは文明を繰り広げられました)事に例えば日本ならば、日本海側から太平洋側へと、太平洋側から日本海側へと周期をよんで移動してこれました。

だから、日本の縄文時代は争いを回避出来たのです。

地球の周期に逆らわなかったから。

しかし、言い伝えられていく神話的な構造破壊と、大国(即ち大国はグローバル資本主義を繰り広げてその時期が来る時には、土地を全て捨、戦争を仕掛ける覇権国家主義で生きて行くしかない地球事情だから)的なグローバル資本主義になったから定住文明が当たり前になりすぎて、地球の800年周期をスッカリ忘れて経済優先定住になったから、今こうして地震が来る来ると焦るのです。


とっくに野性は日本海側に移動して、北上を始めています。

その移動の特殊なケースの【場】が、紀伊半島の背骨辺りです。

ここには、日本の脊稜山脈のどちら側もの生態系が、全て不思議に残っています。

しかしどちらにしても、とっくに生き方を変えて人類は、ある程度の移動が完了していなくてはなりません。

しかし、地球の変化に合わせるよりも、人類が作り出したマネーゲームに一生懸命になりすぎ、この近々の命に関わる変革時期を逃し出して居ます。

人類間引き派にとっては凄く好都合な時期ですが、必ず生き残る方々がいますから、気付いた方々から其処への道を切り開いて準備しなくてはなりません。

今、様々な方々が一生懸命に、その最先端でどうにか、グローバル資本主義で潰されない、命に関わる水を守り、その一番素晴らしいパワーを持つ脊稜山脈の伏流水という、自然界が地上に住む方々に飲ませるを唯一許している脊稜山脈の七合目以上から沸き出す本物の湧き水を、皆様にお届けするこのアラエビスのみがチャレンジしている仕組みを、広げて下さる本気の応援が、今月から出始めました。

僕の個人的な、熱意で四十七都道府県サポーター会員数1600まではどうにかやって来ましたが、此処からは皆様のペイファードに託す以外には、一万名という一伏流水源に対しての雛形を全国版に出来ていきません。

今年の九月までが、凄く重要な時期なんです。

まさに今夏の太平洋側の水不足は、その前兆です。

海外では湖や川が一夜にして消え出しています。

そして、この時期は太平洋側の水源地はドンドン、表層水が海に向かいます。

だから、植物も栄養価の高い水が行かないので、人類同様にデトックス出来ないのです。

しかし、四つ足野性は、既に十年前から移動しています。

その時期は、他県から熊が移動して、奥羽山脈を越えて東北に来ています。

3*11の時には、半年前から熊は山形の脊稜山脈に集まり、一気に他県の熊が山形入りして、当然そこには先住がいますから負けた方は食いぶちを奪われ、街に畑に出ました。

我々が活動の一貫でウルフを、飼って様々を実験しているのも、この地球変革時期が神戸震災からジワジワと加速して、その一大変革分岐点が来る直前は、此れから人類が800年生きる場に、先に先住野生が陣取り合戦を繰り広げているからです。

今年は緊急時以外肉を食わない月の輪グマやいのししが凶暴化して、既に相当数の人が襲われ出しています。

3*11の予兆とそっくりなんです。

そして僕の活動に感動して授けて頂いた水源地14カ所は、何故か全て日本海側か脊稜山脈の稜線の側ばかり。

しかしグローバル資本主義的にペットボトル機械化産業で、有名な山の水源は枯れ出しています。

あれだけ強引に吸い出すのですから、八ヶ岳はドンドン人類が吸い上げる場から、地球的な意思で移動しています。

縄文の頃は半狩猟半農ですから、動物に合わせて生きる場を移動しました。

そして、太平洋側でも日本海側でも環境難民を受け入れながら、日本中でお互い様と生きて来たから、ながーく文明がもったのです。

僕は一番大きな分岐点は、2020年オリンピックイヤーとよんでいます。

それまでには、山形の雛形から日本中に、新たな日本民族の生きる場を創出しとかなくてはなりません。

ただし、根こそぎ地球が変革しますから、人類価値観も大きく大変革しますから、住む場が変わるだけでなく、生きる為の様々な常識も一気に変わりますから、同じ仕事を同じ意識で続けるは先ずはあり得ません。

子供は早いですが、過去の経験値に左右されブレやすい大人は、一番お荷物になる可能性が大です。

だから、今から大人は子供達の直感に委ね、そこに支援出来る精神を磨いておかないと、ブレまくりお荷物になり、結果大惨事に招く危険性があります。

ですから、ネイティブ的な身体内部の精神力という、無意識で動くインナーマッスルを呼吸法(手っ取り早い無意識)からの身体創りを今から始めておくために、身体ワークを配信しているのです。

ピース小堀さんの素人に対しての、誰もが活かせる身体ワークつきの可能性無限大ライヴも、まさにその変革時期に向けてのライヴであり、今回の一万人ライヴはその場で一万人が精神を高めブレナイ身体から生まれる、潜在意識を通して一つになるならば、十四万人の会場の外にまで広がり、百一匹目の猿現象が、日本に起こるという、地球の波動連鎖調和に架けての一万人ライヴです。

そして、地球上には陰の水源と陽の水源があり、西側の点がイタリアダマヌールにあります。

此れは無限大の円の、交差点がイタリアダマヌール。

しかし平面に描いた無限大ではないので、地球という球体では左右の円が一点で合うか、越した集合図形になります。

これが集合図形なんです。

その集合位置の二点のうちの一つが、皆様に雛形として配っている黒伏山です。

そして、もう一点が二番目に開く伏流水の有りかで、アイヌのアシリレラさんに託されている伏流水の在処なんです。

此れは、偶然の必然のシンクロニシティーなんです。

魂賭けた活動には、シンクロニシティーばかりが起き出して道を照らします。

皆様どうかこの伏流水の活動を応援して下さい。今年何としても一万人サポーターになる以外に、この地球変革時に新たな生きれる場を皆様に差し示すが出来ないから。

そして、既にサポーターの皆様お友達誘って、家族を誘って愛知一万人ライヴに来て下さい。

この2つの一万人目標は、間違いなくシンクロニシティーです。

次へ移行する鍵になっています。

あなたのペットボトル水を、どうかこの伏流水に変えて応援して下さい。

三年間応援して下さると、間違いなく日本中の伏流水を開けます。

そして伏流水の地産地消が起こせます。

よろしくお願い致します。