読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

水源や自然界を物の価値観に手渡すを阻止して行かないと、未来に残る本物の永続という愛の基本が消える

東出融ブログ

大家族アラエビスのサポーターの秀ちゃんが、今回の十和田湖planに素晴らしい呼び掛けFacebook投稿をしてくださいました。

【治療家やセラピスト、そして
 「心ある医療人」が肚から望むモノ】
 
1999年9月、
私は整体師として、
最初の師匠の院がある
横浜市旭区希望が丘の地で、
はじめて臨床の場に立ちました。
 
 
あれからもう17年以上の
月日が流れています。
 
最初に理想だと思っていた
施術スタイルも、かなり
様変わりしました。
  
最近では自分が整体師なのか、
それともカウンセラーなのか
占い師なのか、
はたまた祈祷師なのか・・・
 
時々、分からなくなる
時もあります(苦笑)
 
お陰さまで日々、現場で
数多くのクライアントと
真摯に向き合うなかで、
 
少しは進歩したのでは
ないかと思います。
 
これだけ施術スタイルが
変われたひとつの要因として、
やはりインターネットと
Facebookを始めとするSNSの存在は、
欠かせないものでしょう。
 
私がまだ駆け出しだった、
上記の1999年頃は、
今ほどインターネットも
普及しておらず、
 
治療家・セラピストとしての
繋がり・情報共有は書籍や
ビデオを中心とする媒体、
あるいは自身が所属する協会や
グループでのものが主でした。
 
しかしその後に起った
インターネットの普及による
情報発信と共有のスピード化、
そしてmixiに端を発する
SNSの登場は、治療家・セラピスト同士の
交流方法をも、大きく変えました。
 
それまでのような
縦割りの情報交流ではなく、
敷居が外された横繋がりの
交流が産まれだしたのです。
 
さらにその後のFacebook
登場と爆発的普及は、
全く異なった次元での
相互交流さえ可能になったのが、
昨今の状況かと思います。
 
そんなFacebookを私がはじめたのは、
今から4年近く前。
お陰さまでFBを通じて、
日本全国の方たちと
繋がることができました。
 
ここ1~2年は、
当初と比較すると私から
積極的に友達申請することも
少なくなりましたが、
それでも今日現在、
593名もの方と
友達として繋がってます。
 
おそらく、そのうち
7~8割の方が私と同じ
治療家・セラピストです。
 
北は北海道から、南は沖縄まで。
 
そんな治療家・セラピスト仲間とも
FBを通じて、様々な情報交流が可能に
なりました。
 
自身が所属する団体・グループ以外の
治療情報も、以前と比べるとかなり
容易に手に入ります。
 
研究熱心な先生なら、
自らの施術テクニックを
改良するスピードも、
はるかに加速
できているかと思います。
 
本当に、ありがたい事です。
 
そういった意味では昨今、
クライアントの諸症状が複雑化し、
難易度も増している一方で、
治療家・セラピストは、
「時代の恩恵」を受けている
ともいえるでしょう。
 
もちろん、その時代の
恩恵は諸刃の刃(やいば)。
 
PCやスマホタブレット
といったデバイスから次々と流れ出る、
一見目新しい治療法や
経営についての情報に踊らされる
「情報難民」の治療家・セラピストも
数多いのは事実。
 
しかしこの問題は、
治療家・セラピスト自身が、
「自らのあり方」を問い続けることで
解消できる問題です。
 
ですが・・・
 
おそらくどんな
治療家やセラピストであっても、
コントロールするには
限度がある問題がひとつ、あります。
 
それは、
【治療環境(空間)の劣悪化】
 
これは特に、都会に
行けば行くほど顕著でしょう。
 
・新しい年を迎え、
 どんなに時間が経っても
 汚染されていく一方の
 都市空間における空気や水
 
・インターネットの高速化や
 利便性が増すほど、
 目には見えないけど
 私たち人間の周りに
 ますます張り巡らされる、
 有害な電磁波
  
・コスト低下のために、
 はたして材料にどれ程
 劣悪なものが使われているかも
 分からないテナントや住居
 
もちろんそんな中でも、
センスある治療家・セラピストなら、
自院や店舗内外の
環境をいかに整えるか、
いろいろ苦心されていると思います。
 
私が友とし、尊敬もする
治療家・セラピストの先生たちは
いずれも、自分にとっての
「理想の治療(施術)環境そして空間」
を手に入れるために、
目には見えない様々な
工夫もされています。
 
「院(店舗)内外の環境」が、
いかにクライアントの
心身の変化に影響を与えるか、
よく分かっているからです。
 
しかし、そんな先生たちでも
 
「心から満足する院(店舗)内外の環境」
だといえる方は、なかなか
少ないのではないでしょうか?・・・
 
院(店舗)内外の環境自体、
現状ではますます劣悪化の一途を
辿ることは、避け難いと思われます。
 
治療(施術)テクニックなら、
それが例え症状の後追いでも
進化させ、今以上に改良し続ける事は可能。
 
でも、私たちを取り巻く
環境(空間)は…
 
そこに空気・水その他の
「自然」が関わる以上、
人間である治療家・
セラピストが満足いくほど
コントロールし続ける事は不可能です。
 
そんな環境・空間の中で、
症状の難易度も上がっている
クライアントに日々接し続け、
自身のコンディションを
損なっている先生たちも
多いのではないでしょうか?
 
なぜ、ここまで環境・空間が
損なわれてしまったのか?
 
これはもちろん、治療家・
セラピストだけの問題
ではありませんが、
 
人間という種が、
自らの都合と繁栄だけを
求め続けた結果、
 
ヒトは自然界の
他の存在と同列であり、
あくまでも自然界の
一部であるという事実を拒み、
人間目線でのみ環境を
変貌させ続けてきた事。
 
これが最終的に、
『人間そのものにとっての
 環境(空間)の質』
まで落としてしまった。。。
 
そう、いえるのではないでしょうか。
 
もちろん先生方の中には
「私は、そんな事はしていない」
そう、仰られる方も
多いかと思います。
 
しかし治療家・セラピスト
そして医療人の間でも
知らず知らずのうちに、
「過度の人間中心主義」が
マインドの中に入ってきている。。。
 
FBやインターネットを通じて、
最近の治療家・セラピスト・
医療人の動きを見ていて
個人的には、そう感じます。
 
なぜなら殆どの先生たちの
治療対象は『人間』だから。
 
目の前のクライアントが、
その場で楽にさえなればいい。
 
そんな感じでクライアントに
接している先生は案外、
自身が望んでいる結果を
手に入れていないのでは、
ないでしょうか。
 
その原因は実は、自身の中に潜む
「人間ご都合主義」なのかもしれません。。。
 
そもそも、これまでの
人類の叡智を紐解くと、
人間が自らの症状に対応するカギは、
本来全て、自然界に存在しているのです。
 
例えば最近、
Eテレの「100分de名著」
http://www.nhk.or.jp/meicho/index.html
 
で取り上げられている
世界的にも著名な人類学者・
レヴィ=ストロースや、
 
今もヨーロッパの
哲学者たちをして、
 
「我々はまだ、彼の思想に追いついていない」
と言わしめている日本の
博物学者・生物学者・民俗学者であり、
昭和天皇からも一目置かれる
存在だった南方熊楠
https://matome.naver.jp/odai/2136599880356611701
 
彼らの著作の中に、そのカギは
十分に書き尽くされてます。
 
ただ現在、そんな彼らが
生きた時代と比較すると、
 
今を生きる私たち
治療家・セラピストが、
自然界の恩恵を受けながら、
症状の複雑化・難治化した
クライントと向き合える環境は、
都市部に行くほど正直、
なかなかないですよね。
 
では、どうすればいいのか。
 
自ら、創りだせばいいんです。
 
創るんです。
創りだせるんです。
 
「そんな場所、あるの?」
そう思われる方も、いるでしょう。
 
それが可能なのが、
つい先日から募集が始まった、
【十和田あらえびす】です。
 
詳細は、以下の
あらえびすスタッフのブログを
ご覧ください。
 
http://ameblo.jp/mi-natomo/entry-12226085201.html
http://ameblo.jp/shinobu5566/entry-12230117735.html
 
十和田周辺のイメージが
しずらい方は、
下記ののサイトをご覧に
なられてもいいでしょう。
http://towadako.or.jp/
 
===
 
今回募集中の『限定20組』、
ここで購入したひと部屋は、
治療家やセラピストにとって、
可能性が、まさに∞(無限大)です。
 
・理想の治療(セラピー)室として
 
・自身やクライアントにとってのリトリートとして
 
・協会や団体のセミナー用施設として
 
 ※購入部屋以外に、大宴会場や温泉・
  大食堂なども利用可能
 
・今後予想される、首都圏直下型地震の避難先として
  
 ※5年前の東北大震災で、
  この地域は風評被害はあったものの、
  地震自体の被害はほぼ、なかったようです。
  
  この建物(旧・十和田国民宿舎)も、
  建築物に関する法のすり抜け等なかった
  時代に造られたもので、
  非常に頑丈との事。
 
 
・スタッフ福利厚生のための保養施設として
 
今、ちょっと挙げただけでも
これだけありますし、
さらに考えれば、
様々なアイディアも
浮かぶでしょう。
 
上記ではひと部屋と書きましたが、
ひと部屋といっても現時点で
その広さは決まっていません!
 
限定20組に入った方なら、
既存の部屋の壁を壊して、
「ここまでが、私の部屋」
とする事も、今なら可能です^^;
 
※だから先着らしいです(笑)
 
 DIYする場合、
 この建物を管理する
 あらえびす常駐スタッフが、
 手厚いフォローもしてくれます 
 
 
※自分で部屋をデザインされる先生なら、
 イチから創りだすわけですから、
 
 『入るだけで、骨格・内臓・脳が整う部屋』
 
 も、創れるかもしれません♪
 
 ご希望の方には、
 「身体のプロ」でもある、
 あらえびす代表・東出融が、
 あなたのアイディアを生かしつつ、
 「身体に効く部屋」作りのアドバイスも
 いたします^^
 
 
===
 
さて、ここまで
ご覧になられたあなたなら、
いくつか疑問に思う点も
あるかと思います。
 
例えば…
 
「こんな田舎で、クライアントが来るの?」
そう、思われるかもしれません。
 
ここでは上記の、常駐する
あらえびすスタッフがいますので、
まず彼らがクライアントになるでしょう(笑)
 
それにここにはこれから、
現在でも2000名はいる
私を含むあらえびすサポーターが
随時、数多く集う場所となります。
 
彼らもクライアントになる可能性が
十分ありますし、
空き部屋はどんどん
貸し出されるかたちになりますから、
そういったクライアントもあります。
 
※ご自身で部屋を使わない時は、
 その部屋を貸し出すことも可能です。
 不在時の管理は、あらえびすスタッフが
 してくれます。
 
冬は雪深い場所でもある
十和田なので、
交通事情を心配される方も
いるかもしれませんが現在、
あらえびすスタッフが最善の
交通ルートを確保中でもありますし、
その点についても不安はありません。
 
そして上記リンクにあった、
あらえびすスタッフのブログ投稿
 
http://ameblo.jp/mi-natomo/entry-12226085201.html
http://ameblo.jp/shinobu5566/entry-12230117735.html
 
でお分かりの通り、
 
ここでは何より、
『ものすごく面白いワクワクすること』
が、沢山たくさん起ります♪
 
そして今や、
日本では忘れられかけた、
 
・「古き良き日本」にあった人間同士、
 あるいヒトと自然の温かな交流、
 
 
が再び蘇ります。
 
治療家・セラピストは得てして
孤独な職業ですが、
ここにいる限り孤独感を感じる隙間は、
これっぽっちもありません。
 
いかがでしょうか? 
 
・自身で使わない時は、レンタルも可能
 
・自身が留守の際は、常駐スタッフが管理
 
・1人でも複数で利用、そして購入もOK。
 
ある意味、これだけユルい
購入物件もない気がします(笑)
 
上記のリンクしたブログ
にもありますが、
購入費用は一括以外に、
分割支払いも可能となっています。
 
またこのような
手を付けやすい購入条件を
置いておいても、
「プライスレスな価値」があるのが、
この十和田という土地の魅力です。
 
十和田あらえびすのある
十和田湖周辺には、
全国的にもその美しさで
有名な奥入瀬渓流があり、
建物周辺は広葉樹のブナ林で
覆われています。
 
針葉樹がほとんどない、
これだけ広葉樹ばかりの土地は、
日本中探してもそうそうありません。
 
針葉樹と異なり、
ブナを始めとする広葉樹は、
 
脳の「緊張・不安」や
抑うつ・落ち込み」を小さくすることが、
下記のデータで科学的に証明されてもいます。
 
 
http://www.sasappa.co.jp/…/jsasem/1/043/html/1110430402.html
 
そう言った意味でも、
他地域に本院(本店)を構えながらも、
十和田の地に分院(支店)を持つことは、
多方面でメリットが多いのでは
ないでしょうか?
 
何より、そんな
理想的な環境内で、
上でもお伝えしたように、
その部屋の全てを自分のセレクトで
イチから創りだすことができる。
 
そう、まさに『理想の治療室』を
創りだすことができるのです。
 
さらにここでは、
ウルフを中心とする
アニマルスタッフも、
多く在籍します。
 
自然界の秩序を保つキーストーン
と呼ばれる大神(オオカミ)。
 
その存在感は、抜群です。
 
彼らアニマルスタッフがいることで、
十和田あらえびすを取り巻く環境は
一層、良い意味で『野生』に近くもなります。
 
そんな中で、より心身の感覚も
研ぎ澄まされたあなたが、
クライアントと対峙する。
 
施術自体が心底好きな治療家・
セラピストなら、
想像するだけでも
ワクワクするのではないでしょうか?
 
…そう、まさに部屋の内外で、
【理想の治療空間】を現実化できるのです。
===
 
 
最高の治療環境・空間と、
ぬくもりを感じる「人との繋がり」
 
それが、十和田あらえびすで
部屋を持つことで、あなたが
叶えられることです。
 
ちなみに十和田あらえびすで、
いの一番に部屋を確保したのは、
この私(笑)
 
「十和田という辺境」だからこそ
これから何か新しいことが始まる、
 
この『約束の地』で、
 
あなたに会えるのを
楽しみにしております。
 
部屋の購入希望や問い合わせのある方は、
山形あらえびす
0237-44-3288
までお電話いただくか、
 
下記のリンクからメールにて
お問い合わせください^^
http://www.araebisu.net/blank
 
(追伸その1)
 
今朝(21日)、あらえびす代表の
東出融さんと連絡を取ったところ、
すでに4分の1以上の部屋が、
購入済みとの事。
 
特にここ数日で、
一気に申し込みが
来ているようです。
 
気になる方は、早めに
問い合わせた方がいいかもしれません。
 
(追伸その2)
 
私が今年になってご縁をいただいた、
今回のオファーを主催する
「あらえびす」さん
http://www.araebisu.net/
 
は、この建物を自身の利益のために
活動させるものでは毛頭ありません。
 
この建物を中心とする地域も、
もし今回のオファーが中途半端な
かたちで終わると、
グローバル資本主義そのものの
多国籍企業に抑えられてしまう
可能性もあります。
 
※有名な星野リゾートは、
 有名なゴールドマンサックスに
 乗っ取られた結果、
 顧客サービスその他全てが
 著しく低落した事実があります。
 
手付かずの美しい自然が
今も残っている十和田の地が、
今後も今のまま、あり続けられるように…
 
『あなたの気持ち』が、
この十和田の地、そして日本を救います。
 
(最後の追伸)
 
あらえびす代表・東出融さんの
アツい想いの籠った↓のブログ投稿も、
ぜひご覧ください。
http://ameblo.jp/112255horumonryugi/entry-12230192205.html