読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

ジオニスト達に使われてマネーを垂れ流しする地方再生事業。不要な箱もの壊すのに必要なお金は?

ヤッパリ変わって行かないと

さて皆で怒り、国という無用の長物を壊し、民が本当に求める社会には、ジオニスト達に群がる金魚のフンはいらない。

あれだけの震災でわかったのに、まだまだ彼らの存在を許している。

地球に君臨するカリスマ、ロスチャイルド

カリスマ信奉で、ロスチャイルドと言う裏アメリカに金魚のフンのようにクッツキ、保身故に入るマネーをおう茶番な、国とそれに群がる金魚のフンの企業や官僚や政治家。

さたさて今まで、我々の社会福祉の名の元にワザワザ血税から造った箱ものだか、それが短絡的長物ゆえに無用の認定を受けた施設全国で箇所。

取り壊し費用は、4000億円。

又々彼らの短絡的なマネーを、税金から造る。

そして、又々壊す為の談合企業に、マネーを回す。

それで、又々どうにか帳尻合わして、張りぼての危うい日本の短絡的思考で造られた都市を守る。

カリスマ親分に、ひたすら献上するために、裏アメリカはイスラム国を作り上げ、全うな民の表アメリカと闘わせる。

裏アメリカに加担し、この取り壊し費用からも、誰も求めない戦争に使われていく。

その戦争さえも、沢山の民の命と引き換えにマネーを生み出す為に。

だから、民が今一致団結して、イタリアならばダマヌール、スコットランドならばフィンドフォンを、日本の民がアートな創造で創り出すしかない。

そして、それはいつでも頂点を、極めるとの覚悟をしなくてはならない。

芸術のように最先端を生きて、アバンギャルドを生きて、尚且つ職人として毎日を更なる向上の為に生きる。

ネオ縄文とは、アートとクラフトの融合からしか拓かない。


あさ明日は赤坂憲雄さんの、「辺境からはじまる」 から { 疑似原発としての東京、あるいは疑似東京としての原発}を考察します。