読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

今年は訪れる方々に、伏流水と姫川薬石の露天風呂を感じて頂きたく、薪割りが更にブラスの三万本。

今できること

毎年、今は薪割り。

うちは薪ストープ五台なので、サポーターさんが来られる頻度が上昇し始めた前冬は、二万五千本の薪も三月には空。

周りの地元の強力な林業サポーターさんがいらっしゃるから、追加で春をしのぎましたが、今年は露天風呂作成だし、サポーターさん訪問は更に増えているから、薪割りも量が凄い。

だから水汲み上げ、ボトリング、出荷、そして薪割りを昨日は四時間。

筋肉痛でバターンQ。

納屋の天井まで積み上げる役目の妻も筋肉痛。

二人とも腰も痛い。

そしたら来ました。

金魚体操電動マシン。

野良仕事のケアは、毎日がベスト。

たまったら本当の腰痛や間接痛。

だから、体への気遣いは、重要。

スタッフの山一さんは、外で暑いなか薪ストープ炊いて、アカシアの花の保存食作り。

山のプロしか知らない。

六月十五日、冷凍しましたから此れをカボスボンズで皆様に食べて頂きますね。

ロハス南アルプス天然水の市販のミネラルウォーターで炊いたお米と、生きた水で炊いたお米も持参します。

そしてチカマイという、サポーターさんに頂いた美味しさ絶品の玄米も、試食して貰いますね。

今はこのチカマイと、山の珍味類の御飯の友、そしてアートテン味噌での山菜味噌汁にはまっています。

四年持った出前味噌もなくなり、大豆15kとアートテン麹30kの仕込みは、終わりましたが、まだ同量の仕込みが残っています。

アートテンシオ10k入荷待ちです。

まだまだお山の蕨の原生場には、雪があります。

今年は、本当に雪どけが遅い。

間違いなく、気象も含めて地球の変化は始まっている。

温暖化からミニ寒冷化にシフト。

水は、陽のエネルギープレートから陰のエネルギープレートにほぼ移動完了。

お山は、陽のエネルギープレートが磁力快復に向けて、噴火に向かっている。

余りに鉱物を地上に出しすぎるから、噴火して東西南北に配置を戻す。

長い先には、穏やかでエネルギーに満ちた、太平洋側が戻るけれど、暫くは天災オンパレード。

日本海側は、更に日本海側らしくなる。

冬がながーい日本の始まり。

エルニーニョも増えて、夏場も冷夏になると、間違いなく始まり。

その年の春は、気温ご真夏。

昨日の山形は三〇度。

ヤッパリ来てるなと、僕は感じる。

この時期は農業が危うくなるから、採取な生き方。

即ち発酵での保存食。

ひたすら雪のないじきに、蓄えて漬け込み準備する。

まだまだ動けない皆の為にも、気付いて移動され始めいよいよ環境難民が移動する時までには、ある程度のベースは作り上げないとならない。

パイプラインから、まずは自由になり、自立する。

これは新しい世界を作り上げる為に、最高のワークだしパイプラインでなく、供給されるシステムを作る為にも、新しいアイデアに出逢える場になる。

一昨日、サポーターさんで山形の古民家再生の大工さんが、訪問された。

日光の大工さん小坂さん同様、共に同じ方向向いている、ナイスガイでした。

明日は、その方のおうちに早速訪問。

此れからは、ある程度の大工も出来ないとならない。

へたくそだけど、一人でほぽ仕上げた玄関前を、この新たな出逢いの若き大工様に誉められた。

本当にへたくそ。

だけど、自分で作り積雪に耐えると、まるでゲヤが生き物のように可愛い。

そしてついつい、ゲヤに向かってはげましたりもする。

まるでアートテン俄大工。

だから薪割りでも、木とも斧や薪割り機共話す。

軽トラ君とは、よく話す。

まるでデェズニーやドリームワークスみたいな事が、日常茶飯事。

此れがあると、人間だけがイザコザをおこす事が見えてくる。

そしてそれは、自然界との絆を日常茶飯事にすると、簡単になくなる事も、実感できるんだよね。

だから、皆さんいつでもあなたが飲んでる命の水に、先ずは逢いに来て。

この水源からダイレクトに血液になる感覚が取り戻せるから。