読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

名古屋から帰った朝は、雲海の山形。いよいよ冬本番の兆し。

森と泉の縄文トラスト

地球と共鳴するには、神経を研ぎ澄まさなくては、響命等にはほど遠い。

今回名古屋でのZEROか個人レッスンは、神経を完全に把握するワーク。

五感と第六感を、神経に繋ぐ。

その神経が、地球の意識と繋がると、僕らの無意識にスイッチが入り、95%の無意識が先に働く。

その時、5%のウンチクや予定調和しか知らない脳は、スイッチが入っているまま、ポーズモードに入る。

此れが無になるに入れる、唯一の方法であり、それがチベット密教の本格的な瞑想に入っている。

瞑想をしながら、意識でわかる自分の内部の筋肉や骨を、意識から外し血管うを全て感じとれまで見つめる。

最後はその菅も外し、神経のシナプスのみの体の意識まで繋げていく。

此れを日本では所作として、無意識を意識化してきた。

無になるには、無意識を先導させて、意識を休ませる。

その時意識はまるで、経験値の集合体として、百科事典や広辞苑になる。

たまに見ればよいが、あると安心。

この広辞苑や百科事典のままに、命の場をつくってしまった。

その弊害が、教育にも精神疾患にも犯罪にも国や世界の動向にも全てに現れ、さて何処に向かえば良いのとなっている。


今さら、チベット密教に入信しても、自然界が人類変化を待てなくなって気だした。

子供をより、自然に育てたいとか、自然に振る舞いたいとか、自然に癒されてと5%の脳は喋っても、5%の脳が自然ではないのだから、厄介な結末になる。

95%の神経と六個目のの感覚器官第六感を先に繋げば、五感は無意識の中から使えそうな、ツールを見つけ出す。

しかし、僕らの今の構造は、五感と意識が繋がってしまっている。

大病したり、事故にあったり、死ぬほどの経験をしたときに、偶然たどり着ける事があるけれども、それでは開眼待ちで、困窮した状態を自ら打破しようとする自然界のスピードに、僕らは取り残され最後は自分の首を絞めるだけ。

まさに3釻11はそこにあり、いつか必ず来る日本中の待機中の天変地異は、又々僕らの転換できない様々で、僕らが自ら誘発している。

例え陰謀的に人工地震を起こしたとしても、必ずイデオロギーのタシャが必ず存在する。


此れは大平洋戦争の時のように、精神論でも経済論でもスピリチュアル論でも政治論でも、越えれない。

何故なら、始まりが5%の脳を使うところから始まっているから。

95%から生きるを始めるには、神経と第六感を繋ぐ訓練が必要である。

まさに本物の職人についての修行。

先人は決して教えてくれない。

見て覚えろという。

一見関係のない床の拭き掃除、師匠の背中流しなどをやらされるが、この日常の所作で身についたモノしか、専門分野では役にたてられないのである。

何故なら職人的な作業は、専門の知識からでは、基本が身につかないからである。

だから、衣食住を共にしなくては、身に付かない。

この基本は、2バイ4の建築では、決して身に付かないし、5%の脳を更に先に使うように鍛えてしまう。

化学調味料もしかり。



僕が水の活動から入ったのも、ウエシバ先生が仰るように、動きは水が作るからである。

常に流れ続けているが、同じ水は何処にもない。

モノに走ると、変わらない事から思考を始める。

今のぼくの血は殆どが伏流水になってしまったから、停まっていることを、永続的に価値が継承されることが一番、気が食わなくなってしまった。

変化し続ける動きに乗る。

だから、前時代の価値観で暮らすことが出来ない。


まさに結婚は、今そこが問われている。

結婚はお互いの職人から、繋がりを見つける神経の行き届き合いである。

即ち究極の合気道である。

夫婦で、背中を流し合う。

発見し合う。

そこに、愛が生まれる。

それも体内の水で関知して、その情報を神経に伝える。


今急速に世の中は二分化して、左右上下に大きく別れ始めている。

5%の脳はドンドン守る方に必死だ。

95%の神経からの肚脳は、ドンドンオープンになろと、脱ぎ始めた。

結局社会の現象は、自分の脳内意識と無意識の二極化であり、中国、アメリカ、日本という意識の問題ではないのだろう。

正直に95%を出すと、5%の意識での様々は手放すしかないし、そこからしか始まらない。

だから、恋人、友人、家族との別れも起きる。

それはとっても厳しく辛いけれども、神経疎外し続けた我々は、その痛みを受け入れないと、新しい扉を開けない。

食も同じだ。

自分の意識でマクロビを実践しても、それもまた神経を疎外しはじめている。

そして、仕事も同じだ。

会社に満足してないのではない、自分の神経を自分の脳が疎外していることに、体がNO!と言っているだけ。

だから、転職しても、又々同じ問題にぶつかる。

だから、痛みを伴うけれども、一番の近道は自分の意識ではなく、神経で第六感を作動するしかない。

意識に慣れ親しんだ僕らには、余りにも不馴れなパイオニア精神。

けれども、そうやってお山で野生で暮らしていた動物の記憶も、神経なら引き出せるのである。








Android携帯からの投稿