読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

ついに楽天優勝です。まー君が又、道産子の心意気を見せてくれました。

この地味な活動は、響命しあう事で広がる、ペイフォワード以外に開拓は出来ないと、いつも心に言い聞かせて来ました。

僕が手ぐみに拘ったのは、電位を失いたくないからです。

とある著名な陶芸家から、このボトルでもやはり電位は失っていくよと、指摘を受けました。

有り難い指摘です。

勿論、陶器か竹がベスト。

しかし、企業でなく、年間一万円の会費では、無理があります。

故に必要悪で、出来るだけ高度に、研究されたボトルで、今はよしとしています。

それでも、此れだけ、飲まれている方が体調の変化を、沢山ご報告して頂き、貴重なお水を有り難うと、励みのお手紙を沢山頂けます。

より、電位を保てる為の工夫や、組合としての努力は、今後もやっていきますが、未来の為に命の源である、、お山と伏流水を潰すわけには行きません。

僕の生まれた北海道は、ロシアの底引き網に根こそぎ水産資源を取られ、それを安価にさばくことで、漁民の生活を奪ってしまい、産業がなくなって行きました。

底引き網は、全ての水産資源を、めくらめっぽう捕り尽くします。

そして、売れる日本の消費者向けの、蟹のみを市場にのせて、あとは捨てます。

そして、今度は中国が北海道の水を根こそぎ奪いはじめています。

以前のblogに書いたように、アメリカの五大湖では、枯れた湖が一つありますが、中国に巨額の借金があるアメリカは、文句を言えません。

日本もしかりです。

では、そもそも、地球上の資源は、一国のものでしょうか?

空気、水は、地球上を動いています。

国が塞き止めたり、他の大地に平気で中身の水だけを奪い、自国のダムに貯める事は、本末転倒な話です。

それよりも、中国の自然を再生すれば、ワザワザ高価な燃料や装置を使って、水を運ぶ事などしなくてすみます。

僕はこの水を飲んで頂きながら、味覚と体調を通して、日本の山のエネルギーレベル回復を、感じ取って感動して頂きたいのです。

此れからF1の種の更にその先が、市場に出回ります。

アメリカでは、在来種の種取りは犯罪です。

誰の種?

誰の水?

その大地に住む、植物も動物にも権利があります。

そして、渡り鳥など、移動型の野生種は、中継地点がなくなります。

鳥の糞に交ざってファーストクラスで、海外を飛び、命を繋ごうと地球全体の意思で組み込まれている、渡り鳥が運ぶ種も芽が出せません。

それは、地球が地球でなくなることに、繋がっていきます。

僕は出来るだけ電位が高いものをお届けするという、言葉を吐きたい自我を捨てても、この人類の今の当たり前を打破しなくては、地球に申し訳ない。

ですから今後、電位が高いと言う表現は、削除します。

竹のボトルが出来た暁には、堂々と、電位が高いと表現させて頂きます。

その代わり、出来るだけ伏流水が持っている生命エネルギーを損なわないでと、表現します。

此れからも、生きたお水を出来るだけ生に近い状態で、出来るだけ多くの方に届け続けるを一番に、活動を進めて参りますので、宜しくお願い致します。


昔は竹のボトルに水を、ワッパにご飯を入れて、移動していた。

時代劇に出てきますね。

その頃は、日本中何処を歩いていても、名水に出逢えた。

今は本当に人が入っていない場所にしかない。

そして、この水は、間違いなく覚醒を則す力を持っています。

アートテンテクノロジー化された《命の水》を天然伏流水で薄めると全く違うのも、よく感じれます。

そして、アートテンテクノロジー化された、黒伏山が此れからどのように、僕に気付きをあたえ、その気づきが、お届けするこの水に乗って皆様の脳に届き、ジワジワと覚醒が起こっていくのか今から楽しみです。

TPPによって、更に強力な生命を壊す、食品が出回ります。

気付かずに、食べた様々に加工され入っています。

アートテンテクノロジー化で、人の心と、作用しあい味が変わる、虫の量が変わる、農薬が検知されないなどと同じように、未来の地球を思う気持ちでの、致し方がない必要悪である、我々のボトルにも、そのうち僕の心がけ一つで、電位が奪われないというデータが引き出せて来るのかも知れません。

希望も期待も共に自然界と共に、精進して参ります。

普段飲むまともな水を探されていた方が、今回アートテンで検索され、会員登録してくださいました。

有り難いことです。

そして、本当に励みになります。










Android携帯からの投稿