読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

静岡の山里で、蕎麦職人修行中の方から、サポーター登録

仙台で大手の会社を早期退職され、旨い!安心!安全!な蕎麦を、消費者の内蔵へお届けしたいと奮闘され、静岡の里山で、蕎麦職人修行中の方から、この伏流水と、アートテンテクノロジーでの、長田ファームさんがお作りになられる蕎麦粉で、仙台に蕎麦屋を開業しようと奮闘されている方から、ニューアースプロジェクトへの、サポーター登録を頂きました。

これは、ニューアースプロジェクトが、S社長や関わる皆さん方と共に作り上げる、《響命志民生協》という、生活渦共同組合実現に、又々急速に一歩近づいたようです。

昨日お帰りになられた、宮城のお二人とも、宮城での良質な自主映画の上映会と、ユニット《ブラウンライス》さんが歌と体操で脳をピュアーにするシナプサイズを絡め、ニューアースプロジェクトの会員を開拓する定期的な会を、十月からスタートする、オフラインの活動も始動することが決まりました。

そこには、アートテンテクノロジーで作られた長田ファームさんの美味しい食材や、那須の旅館《雪月花》のお母さんが作り上げた宇宙規模での菌の増殖糀《伽羅》を紹介試食しながら、本物を求める人達が、理屈のウンチクではなく響命でキャッチする会を実践して参ります。

体に如何に本物を取り入れたら、様々な事が解決することを、体や方便を通して、面白可笑しく人々に発信して、潜在意識で自動的に気付けば、古代渦文明人類から現代直線文明人類をへて、新渦文明人類に進化してしまったという、活動に仕上げて行きたいと思っています。

これが来春の、アースデイでは、とてつもない大きなムーブメントをお越し、結果ニューアースプロジェクト一回目のサミットである、来秋の二千人のお祭り、《ナチュラルアースフェスタ プロローグ イン山形東根泉郷》に繋がり、再来年には、どうにかスキー場を丸ごと購入して、そちらにネイチャースキーや犬ぞりゲルツアーやサマー里山アウトドアスポーツ、そして、山の回復と、新しい人類《新渦文明人類》のお洒落な共存の街を作り始め、再来秋の《ナチュラルアートトフェスタvol1 イン東北 ウッド ストック》として、海外のお客さんも多数呼べる、十万人規模のお祭りに二回目での、到達を目指します。

これは、本物の《頑張れ東北》として、行き詰まる地球への新しいメッセージを、世界に発信出来ます。

ここまで、放射能を大平洋に垂れ流しておきながら平気で原発輸出を考え、アメリカの言いなりに又々戦争への参加を平気で表明しはじめた、安倍コベミクスにとどめを、民の志でうちたい。

健全な世界の民は、国とは関係なく、アース住人として、山ほど存在しています。

テロもそれに向かう偽物正義の味方も所詮、アース住人の二割も存在していないでしょう。

我々は、ニューアースプロジェクトでの《ニューアース志民》として、八割強の民の響命を、放射能で又々被害者になりながら、尚且つ世界の民から見たら今度は二次災害、三次災害を他国に生み出してしまう加害者になり始めた我々だからこそ出来る、本当の復興、即ち生き方のチェンジによる、人類の進化を世界の誰よりも早く見せれる形で、実現させて行かなくては、なりません。

もう、危険性のみを訴えたり、意識改革セミナーのみを座学でしていたりするような、時間は残っていません。

ある意味、知識を一回捨てて、身に付くモノだけに図書館を整理するような、直接的で渦的な、《一緒に体感!一気に進化!共に響命!ノン「でも」運動》を愛言葉に、いよいよドンドン実践して、ドンドン見せて、ドンドン進化した志民に孵化させる事で、実績を出す必要性を感じ、即やる志民としては、「でも、ホニャララ」という知識言い訳をする暇があったら即行動、誰かのウンチクを聞く暇があったら即行動、知識の言い争いや、知っていると思い込む勘違い知識を誰かが話し始めたら、その場をパットたって即行動に、大事な時間を使う。

響命しあう知識以外は、もう要らないし、響命してないのに知識合戦するぐらいなら、カラオケしてる方が、ズーットまし。

僕らの現会員150名にしても、活動の《志》という響命で繋がっている。

このオフライン時の矛盾は、山ほどある。

例えば、リターナブルで、送料がかかる。

それでも送料入れて、体にとっても良いモノとして売られている中の、ピュアウオーターよりは、ズーット安価で、お届けしている。

此れからやっと、オンライン化するために、ワンウエイボトルが導入される。

多分開始は九月後半から。

サポーターには、一口40リットルを、日を決めて配送。


ここで注意は、ここまでの送料かけても、応援したいという、志民(供給する側もされる側も)を、共にそだてあげたことです。

何故なら、重くてかさばるものを相手にし、ニュービジネスでもない、ニュー志民の六芒星の場の創出を目指す弱小な組合には、志を響命出来るオープン制と、それを確認できるオフラインでの繋が即ちオン渦ラインが先に必要だからこそ、高い配送料金でも応援するよという響命が見えるからなのです。

配送費用が安いは、オン直線ラインでは、可能になりますが、それを企業にして始めたモノは、行き詰まり始めています。

公約を掲げているのも、オープンにしたいからです。

例えば、某株式市場企業での安価なウオータービジネスは、送料もただで、一体そこからどれ程のモノを、水を生み出すお山に返しているのかが全く見えないし、その金額では、そのやり方では、ひたすら自然界から搾取するだけで、何れ土砂災害や、洪水を招くことを、隠して先伸ばししているという、見えなくされている、現実が大きく横たわっています。

完全伏流水を届ける=お山を永続可能にしている=そのそばに人々の新しい暮らしぶり《里山志本主義》によるコミューンが生まれでている=都市で暮らす必要性のない子供、女性、ご老人が、新しい経済も回しながらオン渦ラインで生きている=それを仮想オン直線ラインで都市や世界と繋がっている=だからこそ里山を維持でき、世界のカイラス山の孫たちが自然渦オンラインで、響命しあい水の惑星地球を維持している。

我々は、あえて直線オンラインを後回しにして、渦オンラインを先に基礎工事として確立させてきた。

よって直線オンライン化して、世界からも基金が集まっても、それは世界に散らばるカイラス山の孫たちが、常磁力性の電位が創るサイフォン効果という、五芒星の渦オンラインで繋がって、健全な雲を海をつくりだすのです。

壮大なこのニューアースプロジェクトは、実はシンプルな進化へ向かおうとする、志民による、直線オフライン即ち渦オンラインから始まるからこそ、五芒星の増殖で世界に広がるのでしょう。

再来年、僕が一つの大きなターゲットにしてきた、2015の秋には、このスキー場に、ニューアースプロジェクトの大きな現代の高野山のような、マチュピチュのような山岳都市が生まれ始めていることでしょう。

ここで一つの、身に付く知識を披露します。

水の年齢を測る機械が、存在します。

此れを手にしたドラエモンの声優である、大山のぶよさんが、富士山からの湧き水柿田川を計測しました。

その結果180年前の湧き水と判明。

しかしそれから二十八年後に計測したときには、八十五才に、なっていた。

機械で汲み上げるとこうやって、痩せていく。

今、八ヶ岳同様に、富士山も今毎年二十五センチ沈下しているのです。

けれども、自然界には、渦オンラインネットワークがあります。

機械で汲み上げていない水を更にゆっくりと利用して海に大気に返し、その水の自然に涌き出ているおこぼれを生水で頂き、そのうまさ醍醐味をひとのDNAに呼び覚ます事が、水がやってくれる仕事です。

その為には、渦運動の代表《水》を扱うのですから、一時の送料を応援出来てこそ、自らの思考が成長しあっていくと、僕は思っています。








Android携帯からの投稿