読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

送り始めます。黒伏山の男水《響命水》

森と水源地の縄文トラスト 響命美緑

《美緑水》は、今後完全に開かれるまでは、暫し送らずに、既に開かれている男水、《響命水
》を送る決断に至りました。

距離は近いのですが、なんせ険しい林道。

しかし、現地で飲んで頂くと、全ての人が、旨いを実感される。

冬は雪上車を購入できるように、サポーター会員様が増えるまでは無理ですが、雪が降る手前までは、夏と秋はこの《響命水》をお届けします。

此れも水が開くことは、和多志が開くことだと、M女史によって、体感出来たからです。


シュタイナー農法では、水晶の粉を水のクラスターの中心に置くまで、かき混ぜては流れを遮断してカオスをツクリ、かき混ぜては流れを遮断してと、百回繰り返して、宇宙エネルギーを野菜に運ぶ、水晶液を作るのですが、この水で起こす錬金術が、よーく理解できてきたからです。

まさにフルボ酸鉄が流転して、内と外がひっくり返り、イオン鉄をイオン金に出来る仕組みをわかりかけているからです。

お山の内部構造は、まさに自然界の錬金術師。

此れを縄文以前は、全ての民が知っていたであろうと直感しています。

この黒伏山の響命水と御所山の美緑水が、キアスムで、立体交差したときに、響命美緑水が完成され、32面体の水を日本中に送ることが出来ます。

此れは、科学と信仰とアートの合体です。

皆さんの体と心が満たされ、全ての人が三次元の体を四次元に反転させ、四次元の生物として、三次元社会に存在することが可能になると、先ずは戦争も今のグローバル資本主義も要らない、新しい経済が生み出されるはずです。

自分の身体意識が反転してしまうのですから、当たり前に創造される全てが変わります。

2015に僕らは間違いなく、圧倒的な欠落に気付く事に出合うでしょう。

その時に、立ち塞がる壁を前に、人間の心と可能性について、全く何も知らなかった事に気付く、大半の民の前で、イエスキリストという後付けではなく、イエスインマヌエルという新しい可能性を説いて、皆を引っ張るリーダーがその辺中から、登場してくるでしょう。

その方々は、三次元の身体意識を、ミクロからゼロ化そして、次元転移させ、表層に反転させた四次元身体意識を持つことを先にできた方々です。

圧倒的な欠落を本気で埋める、ここから歴史が動くのでしょう。

2014、更に地方田舎への疎開が、加速化するでしょう。

今年も随分、鈍感な知人でさえも、自主的に地方田舎への道に進路を向けました。

丁度グレートジャーニーで、多くの人がアフリカから世界中に散っていったように、今はグローバル資本主義の中心から、新しい経済の仕組みが生まれでるであろう地に、移り始まっています。

しかし此れは、僕らの三次元身体意識の移動ではありません。

アフリカで最初に直立歩行した、ラファール猿人が、多くの欠落のなかで移動して、直立歩行した人類の可能性を磨いて今に至るのでしょう。

ですからグローバル資本主義も、牛耳って操作する人がいようが、そこは過程ですから、ただの批判で終わらしてはいけないと、僕は愛する人を想うように思っています。

イデオロギーは、まだまだ身体意識を反転出来ていないだけです。

思考で其を捉えても無理でしょう。

僕のワークもひたすら、反転を目的に様々な分野の方々に、お伝えしてきました。

結果、社会構造同様に直線上平面上での思考有意なので、一瞬目的が消えそうになる不安で、本格的に自分を変革したいと、今の自分への絶対的な欠落をお持ちの方か(絶対的なテクニック=見た目でも頭でも解らない、絶対的な相手の強さを知るレベルの、武術かスポーツ等の上級者)、あまり趣味や生き方に、妙に拘りが今のところない方以外は、なかなか反転する前にワークを逃げ出します。

しかし、いよいよ絶対的な欠落のカウントダウンが始まり、今何かのムーブメントを起こしている方は、皆さんが、イエスインマヌエルになられていくでしょう。

ある資料でこのように示しています。

ゲーテ自然観察学問を引き継いでレベルを増したシュタイナーも、行き着くと大体70年周期になります。

今年から始まった、ミニ氷河期も70年周期。

ただし、大寒冷期に向かっての、70年周期。

ですから、今年から、一気に気候が二極化している。

その二極化の両方の影響を東京が受け始めている。

ですから、地球は、北の時代に、間違いなく入り始めた。

この二極化は、徐々に緯度を下げて行くでしょう。

2015には、僕の予測直感では、首都圏は、大雪で混乱するでしょう。


さて話がずれましたが、この70年周期に照らし合わせて、187年から近い未来まで見ていきましょう。

どのようなタイプが必然として、現れたかがわかります。

例えば僕が、この森と水源地の縄文トラストを諦めても、きちんとピンチヒッターが待ち構えています。

宇宙意識は、宇宙が存続するために、植物、動物、人間、鉱物、風、水、火、空を使いきって行きます。

我々は、腸内細菌の一個です。




年代    アーキタイプ 世代   活躍させられた人物


1877  志(創造者)  維新   西郷さん、吉田松蔭さん、福澤諭吉、龍馬、渋沢栄一
1897  能(実務者)  明治憲法 三井炭鉱の三井三郎助、北海道鉄道の坂本則美等
1917  公(管理者)  大戦景気 ホテルオークラ大倉喜七郎阪急電鉄小林一三
                  読売新聞、正力松太郎
1945  商(放浪者)  震災   堤さん、豊田喜一郎松下幸之助是川銀蔵


1955  志(創造者)  大正・戦中 本田宗一郎井深大
1975  能(実務者)  昭和一桁  稲盛和夫盛田昭夫イトーヨーカドー伊藤雅俊
1995  公(管理者) 団塊    大前研一糸井重里
2010  商(放浪者)  新人類   孫正義三木谷浩史


2012  志(新創造者) 団塊ジュニア  ホリエモン
2025  能(実務者)  新人類ジュニア ?

(ここに宇宙時間、四次元魂の時間が付加されますから、生まれは30%ほどの影響でズレが生じます。)



さて歴史が示すように、今宇宙周期が必要としているタイプが、新たな志を持つ、実務者の時代に差し掛かったのだと解ります。

団塊ジュニアと新人類ジュニアの総合DNAが、新しい価値の、仕組みの宇宙意識経済が付加された
新たな志の現実化なのだと感じます。

その時に、必ずシフトが置きます。

ネットワークビジネスも、2012辺りに生まれたなら、今のような問題は孕まないで済んだ。

けれども大体が十年強前、アメリカからののネットワークビジネス上陸だと、二十年ぐらいでしょうか。

当然今副業を余儀なくされ始めている。

けれども、ベースがグローバル資本主義の上でのネットワークだったから、大半がおかしな方向に行きました。

イオスさんは、そこに飲まれずに他に進路を向けれているのは、珍しい存在だと、感じます。

さて、今年も後四ヶ月半。

中国、アメリカが激震して、金融がおかしくなるのは、お以降に急速に現れて来るでしょう。

そして、地方への疎開がいよいよ、来年加速化するでしょう。

再来年は、激震。

僕は、それまでに、気付かれて移動される、新人類グレートジャーニーの、受け入れ先を用意しなくてはなりません。

その時に古い価値を一掃出来る状態に人々をしてくれるのが、フルボ酸鉄からフルボ酸金への、三次元身体意識から四次元身体意識へ則す、水の錬金術なのでしょう。

水に火入れします。

プラズマの火を。

M女史のお力と融合しながら、覚醒の水を作り上げます。



          

















Android携帯からの投稿