読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

新しいIターン 森と水源地のトラスト 

テーマは、 あ そ ぼ

お水の命名が紆余曲折をへて、ヤッパリ《森のオッパイ》にほぼ決定しそうです。

キャラクターは、自然界に住む、森の妖精の翁。

この翁が、水からも、葉っぱからも、岩からも、「A so bo」と出てくる。

葉っぱを空飛ぶ絨毯にして、時空を越えて旅をする。

遊び心を失ったグローバル資本主義ドップリな都市に、テッドのように出現していく。

キャラクターの顔は、可愛い植芝盛平翁。

ニックネームは、ウーチャン。

これもプリアチャンのお店で、オーナーの江田さんにお逢いした事で、思い浮かんだ事。

プリアチャン有り難う。

うちのアラスカンマラミュートワンコ達も、今後とっても重要なキャラクターになっていくでしょう。

犬ぞりにウーチャンを乗せて、世界中に、お茶の間に、会議の場に、時空を越えて、戦国時代、シュメールに、そして、シリウスにニビルにと遊び心を伝えに、旅をする。

監修は、勿論新井先生。

これでヨーロッパでスタートの、漫画出版像が大体見えてきました。

新井さんは、ハリウッド映画を、半分本気で考えられていた。

それは、まずはアニメから。

これが、逆輸入で日本でヒット。

究極は、犬ぞりのウーチャンの席が、益山さんの32面体。

これも、守屋さんに、プランニングしていただき、総合プロデュースを高井さんにお願いする。

この漫画や、守屋さんがご興味頂いている、僕の体の使い方、お水の活動、暮らしぶりの出版記念には、もれなく500ミリリットルの《森のオッパイ》がついてくる。

これで、新井先生のお話も、漫画で更に一般に広がっていく。

山本太郎ちゃんにも頑張って頂き、《郷命 森と水源地のトラスト》を有権者の意識改革に役立てて頂く。

その辺がパケージになれば、この緊急な変革時期に、新しい生き方を示す船 《郷命号》を出航させれる。

これは、タイタニック号のような豪華客船では、遊びがない。

この出航には、冒険家の新谷さんや関野さんも、きっと関わってくれるであろう。


ここまで蒸気機関車を走らせて来た感が強かった僕は、今回の目まぐるしい出張で、この船が停泊する港にいよいよ辿り着いたように感じるのです。

そこには、それぞれが自立自律されて、ここまでどうにか隙間を生きてこられてきた、様々な勇姿が勢揃いしはじめているように、感じています。

きっと船は十月に出航するでしょう。

それまでにパッケージが出来ていれば、命が響き合う、響命号は出航します。

乗り遅れるな!未来の小さな星ぼしよ。!!!!













Android携帯からの投稿