読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

新しき蝦夷 銀河縄文原人が創る 宇宙国建国までの舞

久々の泉郷は、本当に心からリラックス出来ます。

景色、人間界の欲のみが渦巻く片寄った波動の無さ、空気、水。

僕らもその自然界の波動と素直に同調して、停まらずに流れ続ける。

そう素直に感じれるのも、祖の縄文、彌生時代から、皇の縄文に今年から入ったせいでしょうか。

僕の活動がいよいよ大きなうねりに入って来たのも、単純に皇の時代だからでしょう。

僕の努力など微塵も含まれていません。

努力していたら、とっくに疲れていることでしょう。

結ばれる事が心地よく幸せだと、素直に感じれるからでしょう。

お水を汲み上げる幸せ感はまさにそれです。



縄はナワ、ジョウの他にタダシクという訓読みがあります。

螺旋のDNAがタダシク編まれる。

しめ縄のタダサレ方を示しているのでしょう。

其は僕らが人間から人への成長であり、オタマジャクシから蛙への変身。

変身したときに結ばれるのは、自然界との協調調和です。

それこそが僕の祈りです。


祖の時代は、二本の線が直線で、交わることをしません。

良い人。

悪い人。

自分達に都合が悪い人のこと、自然界の現象も都合が悪ければ悪いこと。


けれども星を生むほどの、殆どが知覚惑星です。

魂も知覚も持っている、巨大な細胞が星です。

この星と、即ち自然界とのルールに従ってタダシクいきる人が、幸運という時代に入ったのです。

自然界と結ばれない人間が人と人との間だけを取り持つ、今の経済、金融がタダシクない人、即ち不幸と呼ばれる時代に入ったのでしょう。

誰が幸か不幸かを、人間が自然を全く違う別のベクトルにしている限り、人と人の間に起きる幸か不幸しか世界にはない。


しかし、誘導地震であろうが、なかろうが、自然界の驚異さえも含めて、それとも縁を結ぶ時代に突入したのでしょう。

その意味で、人と人の間の関係を都合よくするための、自然界の利用は全く根本が違うのでは、ないでしょうか。

其は誘導地震も人よりの環境主義も同じだと思うのです。

昔の神話のように、自然界との結婚の時代です。


今までの私たちは先祖の操り人形でした。

この続きは、又明日。

さて花ちゃんの子供たちの成長です。



大きくなりました。

後二週間で二匹以外、五匹がブリダーさんへ貰われて行きます。

お世話になっている、KYさんのおうちに一匹。

うちで二匹です。

再来秋には、きっと僕と景子の子供も、皇の時代に祝福されて生まれてくることでしょう。

皇の時代、否定、イザコザは皆無。

そのビレッジを創る仕事を直でやっている、幸せな事です。

感謝です。




Android携帯からの投稿