読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

伏流水とオルタナテイブな学校と養老院に至る東出の道2

再度纏めて投稿しました

  二章 融ちゃんが身体の内面で掴んだ事 その 2
 
 さてこの雑巾絞りX型の交差点を更にもうひとつの自分の手を創造してしっかり握り後ろへ引く意識に移るね。
此れが潜在意識で身体が掴んだ情報を一つに絞り、脳に全体情報として伝えるときの身体内面の図柄よ。
しっかりと感じてみて。
犬族は、他の動物の気配を敏感に感じて お座りして情報を纏めているとき。 此処里山限界集落には、おサルさんやカモシカさんや月の輪熊さんも沢山住まわれているから「花」は散歩中必 ずお山の方をみて立ち止まり クンクンと鼻を効かせてこの雑巾絞りX型の交差点を引くのよ。
あれこれは誰だろうってね。

実はあなた方人間族も無意識にしょっちゅうやっているのよ。
身体に注意深く聞くと直ぐに発見出来るから実践してね。
例えば 財布やおうちの鍵を無くして落とした「場」を発見したとき アイロンのスイッチ入れたまま外出して気 づいたとき 出会い頭にこの人と恋に落ちるって判ってしまった時とかよ。

もっともっとあるから発見してね。
凄い重要なエクササイズよ。
此れを余りに見落としていくうちに自律神経の働きは衰えるものよ。
身体内部と言えば内臓や血管でしょう。
だから食べ物気を付けたりデトクッスすると肌が綺麗になるじゃない。
だから恋しても綺麗になるでしょう。

「花」も愛情もってブラシングされたり 健康な食事貰っていると毛づやが良いもの。
「花」も恋したらもっともっと毛づやがよくなるのかしらん。
けれども此処には融ちゃんが、娘さんと一緒に名付けた先住民「トトロ」という 逞しい雄がいるけれども 猫だしなあー。
そう言えば、最近見ないなあー。
都会に憧れて仙台でウインドウショッピングしているのかしら。

ヨーロッパサッカーリーグでの試合でよく見るような 僅かな時間に現れる「場」の隙間にチャンスを見いだして 見事に凄い無意識な反応で「間」を作り出してシュートを決める瞬間見たことあるでしょう。
サッカー選手がヨーロッパチームに憧れる理由が此処にもあるのよね。
脳の進化による身体技法がずば抜けているもの。

融ちゃんが長い間関わってきた躍りでも コンテンポラリーバレエはヨーロッパがピカイチだって言っているよ。
ヨーロッパに教えで彼が呼ばれた時も 彼の身体の使い方の説明に日本の思想や哲学とヨーロッパの 哲学との関 係を絡めた質問がダンサーからバシバシくるらしいものね。
踊り馬鹿やサッカー馬鹿は居なくて あの動きをこなすにはそうとう潜在意識化の頭の良さが必要なんだって感心していたよ。

だけれどもロンドンオリンッピク見ると、今日本人も凄く脳が進化していることがわかるわよね。
内村さんなんてあれだけ切り替えが早いのだもの。
ナデシコも素晴らしかった。
融ちゃんがニューヨークでレッスンしていた頃は黒人の、脚の長さばかりに気をとられていたって。
ナデシコは自分達のスタイル信じているでしょう。
素晴らしいわよね。
「花」が脚の細い犬に憧れても仕方がないもの。
アラスカンマラミュートはこの太くて逞しい足だから、イヌゾリを引っ張れるのよ。
今の子供たちは可哀想ね。
自分をありのままに受け入れて信じられないのだもの。
皆、不登校になったり、いじめ側についたり、一応無関心装ったり、全部大人がやっていることよね。
先ずは敵ありきの二項対立思考。
身体的に胴が長いのだから、折角腑に一番落とせる民族だったのだから、勿体ないわよね。

この掴み取った「場」から鋭い早さで脳をグルグル回転させて 「間」を生み出し、「水」のようにある一点に 流れを創り絞りこみ 結果をだす。
この絞りこむ動きは後で融ちゃんが身体の内面で掴んだ事 その3で説明するね。

今重要なのは「場」や「間」や「水」という身体言葉よ。
場の空気をよむ 場数を踏む とか
間をおく 間延びしすぎ とか
水に流す 水をさす とか
此れ凄く重要な身体意識時の身体言葉よ。

こんな言葉があるのは日本語だけよ。
だから日本人がグローバル身体目指したときにこの言葉を失うのよ。
だから着物も凄く大事よね。
もしも内村さんが足長かったら、着地は決まらないと思うのよ。

だけれど身体性から出てくる言葉は、鋭い早さでの使い方の一瞬の表現だって気付いていない人間が多いのよね。
間延びし過ぎたり、人の時間軸にとられているうちに(所謂水をさすうちに)自分のchanceを見うしなってしまうものよね。
だから人を恨んだり、憎んだりしたって絶対に好転しないのよ。

だから雑巾絞りX型の交差点を引くときに途中経過で 迷うのが良くないのよね。
腑に落ちていない証拠よ。
慌ててしまうと自分からの願望で直線型で獲物を目指すから 又々chanceを失うのよね。

「花」の曾祖母ちゃんは犬ぞりのリ―ダーの達人だったのね。
例えばリ―ダーが迷うと 何頭もいる犬は一気に「水」が流れる方向が気付けなくて的をを絞り込めなくなって停 滞するのよ。(弓道はその練習に素晴らしい効果を生み出すっていつだったか融ちゃんが教えてくれワン!)
「水」の流れが停滞するとどうなる? 腐るよね。
そうすると人間族と一緒で犬ぞりのチーム皆が腐り始めるのよ。
もうこのチームでの移動は無理よねって。
と同様にリ―ダーが慌ててしまうと 「水」の流れが変化していっていることにリ―ダー自身が気付けなくて又々 皆腐ってしまうのよね。

融ちゃんはこの事あらえびすを始めてから ツクヅク痛い目にあって始めて気付いて修正し始めたの。
体では此処を引くって思っていたのに 現実の社会の中でその体の使い方をしたら皆腐ってしまったから あー此 処ではなかった 交差点だと思っていた箇所がもっと上だったって気づいたのよね。
身体意識の面白さはこういう事よね。
犬族も融ちゃんには失礼だけれども 常識的な頭は結構悪いから身体で理解して 身体の位置で解決するのよ。

子供の自ら生まれでる学習方法と同じよね。
だって子供は言葉教えなくても所作と合わさって自らの力で(自然力)覚えていくでしょう。
だから教えては駄目なのよね。
此処はいつも教えることを教えないで伝える事が出来ないだろうかと模索して沢山遠回りをしてきた融ちゃんの ワークの素晴らしく楽しい所よ。
そうして感じているぶんだけ言葉を覚えるのが遅い子もいるのに 一斉に強引に合わせてしまうんだもの?
生まれながらにもっていた才能の種が芽を出せないわよね。
植物と同じで土壌が大事ってこと。
土壌は家みたいなものよ。
種まいて一ヶ月で食べれるものや秋にやっと食べれるもの色々よね。
畑と言うおうちで育っていく速度もまちまちで様々でしょう。
土壌は愛が溢れている家庭のようね。

融ちゃんが息子さんを通わせているシュタイナー学園の シュタイナーの言葉を借りると 子育てとは、なんの芽 が出るか解らない種を撒いて育て、育ったときに君は大根だったのかキュウリだったのかと共に理解して感動し ていくことって言うんだから ヤッパリヨーロッパは早いわよね。
けれども何時もその早さは 地球が決めることがきっかけに成り立っていくのよね。 と言うことはヤッパリ日本人は重要な時期に差し掛かったという事よ。地球さんがサインを出しているのよ。
此れもシュタイナー学校での内容だって 前に融ちゃんから聞いたのだけれども 子供が思春期のころに合わせて 歴史はコロンブスを習うんだって。
「花」は コロン . ブス って不細工な栗って勘違いしていたのだけれども、コロンブスもアメリカ大陸を 何処か知らないで帰ってこれない可能性が殆どの状況で 未知の旅に出たのだから、君達も勇気を持って知らない 自分を発見して 進んで生きなさい。
安全だから人に嫌われないからと安易な道を選ぶなって歴史で学ぶなんて凄いよね。
そしてアメリカマサチュウセッツのサドベリースクールは更に素晴らしく核心をついた、革新的な教育スタイルよ。
こんなオルタナテイブな学校と併設する養老院が日本に溢れる事が、其れを支援するために経済が回っているロールモデルを創ることが融ちゃんの叶えたい一場の夢なのです。
だからドンドン躍りの教えや振り付けや身体操作法を伝授する仕事を、彼は無償に近くしていっているのよ。

融ちゃんが身体の位置で修正出来たように 心の問題も身体の位置で治せて行けるってことよ。 だから昔は所作の躾が厳しかったのだと思うのよね。
だから犬可愛がるって言うのは、きちんと犬の所作と人の言葉を合わせて行くうちに本当に気持ちが繋がってい くって言う事。
だから言葉でお座りとか言っても駄目なのよね。
そうしないとどんなときに大変な事に成っていくのかを犬にも感じさせてくれないと意味がないのよね。
だって殆どが自分が困るから 待て!とか言うけれども じゃあ待て出来ないと「花」は犬生で何が困るかを飼い 主が心に描いてくれていない限りはコミュニケーションが浅い言葉だけのバーチャルな絶対伝わらないのよね。
今の学校教育も原発もそっだったでしょう。
津波も然り。

事が起きてから想定外でしたとなるでしょう。
学校は知りませんでしたって。

実は全てが想定外だって感じ続けていなくてはならないんじゃないのかなあ。
子供に対する教育も同じよね。
厳しすぎるもダメ 甘すぎるのもダメ ヤッパリ料理と一緒で匙加減が大事っていうことよね。
だから正解なんて求めて人に尋ねても絶対に解りっこないものよね。
体で掴んで体で覚えないとね。
ヤッパリ学校教育のシステムも真剣に考え直さないとだよね。

「花」がお婆ちゃんになった頃には、校長先生になれるかな〜。

物知り「花」からのクイズ その2
では問題!

融ちゃんが間違って交差していた場所はどの辺だったでしょうか?
又正解は何処ですか?
そして其は融ちゃんが身体内部の使い方で掴み取った その1の どの動作のレベルが足りなくて低い位置で交差 してしまっていたのでしょうか?

胃の辺り だからへんな緊張をして力が入っていたのよね。
正しい場所は横隔膜の中心 雑巾絞りが足りなかったていうこと そうすると更に身体が引き上がるのよね。
先程言ったように更に雑巾絞りを高めるには バスタオル絞るようなもんだから 手でのイメージだけでは無理よね。
距離が足りないでしょう。
大きな目標ほど距離があるのだから体で一番距離を作れる足もイメージに入れてあげてね。
やっと四つ足動物の使い方に近づいてきたわ。
と言うことは真ん中を引っ張るのは口! 口に加えさせるとイメージしやすいでしょう。
許したはずななのに吹き返す時は、安心だって思っていたのに危険だと知ったときは、浮き足立つのよね。
これは腑に落ちて切れていないと言うこと。
腑に落としたのに漬け物石という重石をしなかったのよ。
塞いじゃ駄目よ。
発酵してきたガスで、爆発してシャンパンみたく吹っ飛んで、腹立って、怒って、頭に来ちゃうから。
だけど覚悟するって塞いじゃうでしょう。
その時に息が詰まってしまうでしょう。
だから若いときはガス抜きが必要なのよね。
今の大人もね。
けれども塞いでいないと自然にガス抜きされて、ガス抜きの為のイベントが要らなくなるのよね。此れが本当の大人じゃないかしら。
息が詰まったら口には何かをくわえられないでしょう。
口を開けれないのだもの、拒食になるわよね。
そしてガス抜きで過食。
この繰り返しは鬱と騒の繰り返しと同じよね。
だからしっかりと重石を肚にのせておかなきゃね。
あそうそう!村上春樹さんの「少年カフカ」に重い石が出てくるでしょう。
「花」はその事だって思うのよ。

犬族は何時もくわえるから得意だけれども 人間族にはイメージしずらい身体感覚かもね。

だけれども欲張ったときに、手に持ちきれないときにくわえるでしょう。
手に持てるように成ったのは痛みやすい速度の早さを前提で収穫を分けた狩猟から、腐らない長持ち稲作農耕そ してお金への変換で手の使い方が得るためだけに変化したのかしらねえー。
野菜だと保つために漬物とか、お肉ではスモークしたり手間が必要よね。
発酵がポイント。
腐るのとは大きな違いよね。
犬族には想像するしかないことだけれども。
だからお金の流れを停めてはいけないし、土地も家も「場」だから所有しちゃ駄目なのよね。
なんか新しいスタイル確立しないと、そんな事でも身体や精神が病んでしまうのよ。
仏教でも家を建てたら安心して病気を患うから、気を付けなさいって言うでしょう。

今こそ口にくわえて手は差し出すものに変換進化させるときが来てるのかなーと融ちゃんはつぶやいておりました。
そして犬族はくわえたら絶対離さないでしょう。
そう意志力が鍛えられる場所諦めない力生まれる所よ。
其を例えて歯を食い縛るっていうことよ。
噛むことって大事って言うんだから。
噛むと脳が発達するって言うんだから。
そうするとchanceをものにしてなしえる方法がドンドン浮かんできて 創造力を現実化出来るのよ。
咀嚼する力よね。

躍りではコントラクションと言うけれどもそれではただ胃を後ろに引いてしまうだけって思える動きが殆どよね 。
それだから動きが所作に昇華出来なくて表現が浅くなってしまうの。
だから息が停まっているでしょう。
躍りでコントラクションしていることが怒りになって表現されているのよ。
思考的な無意識にね。
肚の無意識とは全然違うのよ。

美味しさを感じて食べたつもりになって口一杯に唾液が分泌されたときはコントラクションが出来ているのよ。
だから惰性で食べたり添加物の味では胃拡張や胃下垂になって当たり前よね。
内蔵はいつも見えないところで感じ取り続けているのよ。
いつも「花」はご飯前にして待てしているときに涎が出てコントラクションしてるんだよ。

ポイント 2
雑巾をバスタオル位大きくして足の意識も導入して更に強くX型で絞るその交差点を口でくわえる意識でグッと 引く 冷静さが感じ取れて来るまで引くこと 口で加えても雑巾が長くなった分、横隔膜が引き上がって 額間接の 下に力が入らないから歯茎が傷んだりしないで ソフトに犬のようにくわえられるのよ。
歯茎が腫れやすい人は 引き上げかたが間違っている証拠。
漬け物石が桶を塞いでしまっているのよ。
観念に縛られている証拠。
今に爆発して漬け物石が吹っ飛んで行くわよ。

そう言う使い方の人は、今までchanceをものにする前に頑張りすぎに感じて 疲れてしまってきっと直ぐに諦めてしまいがちではなあい ?
そんな間違いも大事な発見。
ガッカリしなくても大丈夫。
だって体の内部の図柄変えるだけで変わるんだから。

この体の内部図式を忘れないように融ちゃん身体ワークTシャツも数々創っているのはそのためよ。
ホルモン流儀のお仲間平山さんのデザインでアニメーションキャラの 融ちゃんが体をはって身体意識を説明して いるデザイン。
イメージが薄くなってきたら着るだけで気になって意識してしまうの。
裏には融ちゃんの料理レシピや古民家再生の素人職人芸等など楽しい情報満載で電車にお乗りの方々がついつい読んでしまうの。
見られているっていうだけで身体は変わるのよ。
特に背中がわに楽しい情報満載だから 動物と同じで肚は滅多に見せずに 着ているだけで背中で語る人間になっていくよね。

其は真っ直ぐに前を、未来を向いて生きてるって証。
死語になってきている「子供は親の背中をみて育つ」が復活すると 犬族も本気で期待してます。
ダンサーや役者も凄い人は背中で語れるでしょう。
このときの背中での意識が 融ちゃんが身体の内面の使い方で掴んだこと。 その 3 に繋がっていく重要なアイテムなんだから何時でも何処でもやるのよ。
例えば集めた情報は口でくわえて少しずつ味わい咀嚼するものだって 真剣に信じてイメージするのよ。
そうすると体が引けてパラボラアンテナが成立するでしょう。
其処から受信のターゲットを絞り混む。
此が嗅覚よ。
此処は顔のセンターに位置してるでしょう。
二個に別れてはいるけれども耳ほど離れていないわよね。
と言う事は其処が味覚と拮抗したときに軸が出来るってことよ。
噛み砕けれる情報の大きさと様々な楽しい味覚のなかに匹敵するような複雑に絡み合う情報の種類が大事ってことなのよね!
そして最後の重要な感覚機関である嗅覚がこの情報を絞り混むと連動が始めて可能になっていくのよ。
そして其の情報が間脳に伝わっていよいよ思考体である頭と繋がるの。
其を確認するのがやっと視覚のお仕事ね。
そうして足先から骨盤そして手先から肋骨そして頭骨が繋がってワンよね。
言っていることわかるわよね。
嗅覚が鋭い犬族の「花」が言うのだからワン!ダフルな身体統一テクニックよ。