読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらえびすブログ

あらえびすのブログです。各プロジェクトや、日々のこと等情報発信。代表東出融の過去記事、Facebook発信のまとめもみることができます。

今日の夜から東京経由神戸です。今日は僕の代弁にもなる、玉置浩二のこの二曲の詞を届けます。

どっちいく?どっち行こうほら今日も ポンコツ車のエンジン全開にして目の前の道なら いつもデコボコ雨が降って来たって 行くしかない月と星と太陽と それと君つれてシートはギシギシわめき ミラーもなくなってくねくね曲がった坂を 登ろう僕のSPEEDは誰も変…

中国が持っていった、五大湖の湖の水。これは中国の血にアメリカの血を混ぜ混む事。

今北海道の七割の水源地が、既に買い占められた。以前も書いたり、講演会でお話しさせて頂いたように、アメリカは借金のかたに、五大湖の一個の水をほぼ中国のダムに移し終わり、その地域の方々は、生活の糧がほぼ奪われてしまった。次の狙いは、先ずは北海…

ヤッパリアトピーに絶大な効果が出始めた。

響命する美しい緑がつくりだす、本物の天然薬水の力を伝えに、約二週間前に自ら水汲みに来られてその上で会員サポーター登録されている、仙台出身のS君庄司君が感動を伝えにやって来ました。彼は生まれたときからアトピーで苦しみ、その解決のために費やした…

助けて!

昨日は、金沢から、お越しのみゆきちゃん方と、ヒツジヤに行って美味しいヒツジ頂きました。そのときのワインが(ここではヨーロッパのオーガニックワインを仕入れています)なんと、《a-iuto!》イタリア語で《助けて!》でした。気象状況が悪い時に、不作だっ…

いよいよの踏ん張り時の九月

いよいよ東京平和映画祭に向けてのネット応援広告から、立て続けに始まる《森と水源地の縄文トラスト》のメジャーへの発信が始まっていきます。その為の枠組み、そして受け皿としてのポータルサイトの準備に、奔走しております。京都の鯖寿司の《いづ重》さ…

今日は旧友が金沢から。突然大もての男水

美味しい空気。美味しい水。美味しい景観。美味しい生き物。美味しい人たち。全てが、お山のエネルギーで、美味しさに満ちあふれている。 昨夜の、NHKの家族に乾杯。北海道の夕張。そこでの、保育園。素晴らしかった。我らは山の子、雪にも負けない、元気な…

日本を世界に誇れる《水の杜》に生まれ変わらそう。それは志民の手から。

又々西日本に台風が近づく。電位が低くピートモス状の土がない植林が多い山は、土砂災害洪水と又々心が傷む結果が、生まれないことを祈ります。そして、シリアの毒ガス兵器の疑いによる、アメリカの軍事介入。アフガニスタンでも、オサマビンラデインをター…

静岡の山里で、蕎麦職人修行中の方から、サポーター登録

仙台で大手の会社を早期退職され、旨い!安心!安全!な蕎麦を、消費者の内蔵へお届けしたいと奮闘され、静岡の里山で、蕎麦職人修行中の方から、この伏流水と、アートテンテクノロジーでの、長田ファームさんがお作りになられる蕎麦粉で、仙台に蕎麦屋を開…

イオスさんの社内から、伏流水の美味しさにビックリとの、ご報告。

企業ではじめての、この《森と水源地の縄文トラスト 新夷》の活動の、サポターであるイオス様から、完全伏流水の美味しさに社内が驚きの様子で、配給の増量を希望したいとの、ご報告をお受けしました。僕らと致しましても、まずは飲んでみて実感のこの伏流水…

水へアクセスする始まりが、金融崩壊と共に、いよいよ間近に迫る

ケネディーの戦略の重要な一つが、実は水の確保であった。しかし、この重要な水というエネルギーを、扱うことは、大変に難しい。殆どの最先端を自負するモノが、チャレンジするものの、結果は《水に流す》と流されてしまう。ケネディーが流されたこの水のエ…

宮崎駿のサイン36℃

五芒星の中の星形の角度は、36℃。宮崎駿さんの《風たちぬ》を、岡山の里山に越す娘と、最後の東京でのデートで見ました。きっと最後の宮崎作品になるであろう予感の中で、気付くものが気づくであろうサインが、主人公の堀越次郎が、美しいという、鯖の骨。…

マネー資本主義と里山資本主義の両輪こそが、キアスムである。

僕が今ご縁のある《場》、全てが脊粱山脈である。そして、地域には、豊かなフルボ酸鉄を創る条件が揃っており、尚且つ埋蔵金がある。そして、出生率が高い。そして、キアスム構造である。脊粱山脈とは? 脊梁山脈セキリョウサンミャク 【英】Mountainous Bac…

間もなくお盆が終わって、様々な動きが加速するでしょう。

この時期の訪問ラッシュは、実に慌ただしい。お盆の間に一気に、繋がりを創らされているようです。この整理された、繋がりから、お盆以降に様々が加速していくのでしょうか。そのスタートは、七月末のアートテン農法の宮城での勉強会から始まり、出版のMさん…

木村さんも、大感動の響命美緑の水源地

昨日は、水源地に木村さんをお招きしました。広葉樹が創る山々に感動され、水の美味しさ、水のエネルギーの凄さに、驚いて頂けました。この自然界が創り出すギフトで創作する、《賢者の家》という養老院、そして併設するオルタナテイブな全寮制の教育機関《…

大量製産、大量消費との決別

今の都市部の生き方、仕事の在り方で、命を繋ぐ事は大変難しくなっている。毎日、遅くまで残業して、夕飯は十時過ぎに、ヤットありつく。更に遅いときは、会社で、添加物まみれの食品を買い込み、カッコムしかない。まだまだ都市部のOLをやめれずにいる(なか…

里山資本主義

昨日、やっと藻谷浩介さんの、《里山資本主義》という本が届いて、読み始めたら、宮城R社のS社長がご家族と連れだって、お越しになられると電話が入りました。S社長も、この本と行基の更なる軌跡をお伝えされたく、お越しになられ、既に読み始めていたので、…

送り始めます。黒伏山の男水《響命水》

《美緑水》は、今後完全に開かれるまでは、暫し送らずに、既に開かれている男水、《響命水 》を送る決断に至りました。距離は近いのですが、なんせ険しい林道。しかし、現地で飲んで頂くと、全ての人が、旨いを実感される。冬は雪上車を購入できるように、サ…

反転して、内外が入れ替わった、自分に変わってしまった。

荒川修作さんが、生存されていたときに、お電話でお話しできたことが、昨日の森の中での幾何学多面体 水のワークを終了後の自分の変化で、見事に実感してしまいました。今までにない左右でも、前後でも、上下でもない、内と外の反転が、起きてしまいました。…

幾何学で磨く、32面体の清水を、皆様にお届けしたくて!

昨日は我が、《森と水源地の縄文トラスト》の御所山と黒伏山の伏龍水を磨かれるために、東京から遙々、M女史とTさんがやって来てくれました。三回に渡る、水を開くワークですが、一回目で御所山のお水の味が、更に美味しさを増しました。アートテンと同じく…

企業で一番に、伏流水を応援してくださった イオス様

会社という枠内でも、森と水源地を利用させて頂きながら、キチンと守ろうと、立ち上がってくれたのがスタートがイオスさんでした。専務の村上さんと、新井信介先生、そして編集のMさんと共に淡路島を訪れてから、急速に話は具体化されて行きました。その為に…

メコンの流れが見せてくれたGHP

先ず、ゴシャの後は大分落ち着いてきました。上半身はこのような感じです。 さて、関野さんの新グレートジャニーの、南方偏を見ました。チベットから韓国そして、日本へのグレートジャニーの軌跡です。昨年行った、雲南の棚田、そしてブータンの生き方が、特…

フナセさんと、一気に意気投合 そして高崎でゴウシャ飲み会で、真っ赤か。

昨日、イオス会員関係での、フナセさんのお話し会が、越谷で開催され出席しました。二回目のご対面でしたが、深くお話してことがなかったんですが、飲み会で一気に意気投合してしまい、おじさん同士で、お別れのキスをブッチュと。別れたはずが、同じ電車で…

自律性のある自立化的な生き方を

昨日は、会員の前川さんより、素晴らしいビデオを送って頂き、スタッフの山一さんと、感動しながら、拝見させて頂きました。このblogから、有り難うと、お伝え致します。二本頂いたうちの一本が、医師の中村先生が、アフガニスタンの干魃に対して、二十六年…

地球上で水が動いてる まさに伏龍水だ。

命が響きあうって何だろうか?命がドンドンなおざりにされていく。昨日出版の、下地調査でおいでいただいた、Mさんがお帰りになって、やっと届いた関野さんの新グレートジャーニー《日本人が来た道》を観た。本の出版のお声がかかり、更に自分を見つめる、良…

行基を生きる

昨日は、出版の為のMさんをお迎えに、仙台に行きました。家までの途中にある、行基が開いた作並温泉で体を癒していただき、いつもの関山蕎麦で遅い昼食を楽しんで頂き、0時ぐらいまで下調べで僕の話すことをノートに、メモをとられる形で一日目の作業が終わ…

裏磐梯の古参アートテンファンのお方は、慈恩寺の街、寒河江出身でした。

昨日最後にお邪魔した、Oさんは、なんと慈恩寺寒河江出身でした。行基もやるなーと、脱帽。沢山の美味しいお野菜も頂きました。アートテン化したそこの花豆は、他の方の畑が花もつけず不揃いなのに、トーラスベクトル平衡体が、32面体を畠に作り出している…

アートテンのお集まり

昨日のアートテンのお集まりは、参加された宮城の農家さん、皆様が真っ直ぐな方々で、ある意味福島よりも放射能汚染が激しい地で、頑張って一次産業を生きてこられた方に拓かれた、素晴らしい会でした。会のあとに参加された、アートテンの実地者や、お披露…

広葉樹の森の水源地と直接関わって、家族を自分を放射能と川の氾濫による水不足から守ってください

昨日も西日本は、去年以上の大変な状況になりだしました。ワザワザ遠い、中国地方在住の、伏流水汲み上げ代行のサポーターが増えて、送って欲しいという方々が出始めてきたことも、これと微妙に関連しています。電位が高い常磁力性の岩山は、植林が出来ない…